救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告



 平成27年12月11日、家族会、救う会、拉致議連の主催で、東京・憲政記念館講堂において国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」が開催された。
 昨年5月のストックホルム合意から1年半以上が経過しても、被害者の帰国は実現していない。今年1年、日朝は激しい水面下の接触を繰り返してきた。金正恩政権は被害者を返す決断をしないが、日本との接触を切断しないという中途半端な姿勢を続けた。彼らは経済支援や総連への圧力解消、制裁解除などを全被害者の帰国なしに実現しようと様々な揺さぶり工作を仕掛けてきた。一方、安倍晋三政権は全被害者の一括帰国という要求を堅持し、「拉致が解決しなければ北朝鮮は未来を描くことができない」と繰り返し表明している。今こそ、より強い圧力をかけて金正恩政権に決断を迫るべきときである。
 今回は、北朝鮮情勢に詳しい金聖?自由北朝鮮放送代表から金正恩政権の最新の動向を聞いた後、日韓の専門家が朝鮮総連の各種の有害な活動について報告し、新法制定を含む新たな圧力を提案した。

第1部 金正恩政権の現状


飯塚繁雄(家族会代表、田口八重子さん兄)

加藤勝信(拉致問題担当大臣、衆議院議員)

西岡 力(救う会会長、東京基督教大学教授)

金聖●(自由北朝鮮放送代表)

第2部 新たな圧力手段としての朝鮮総連問題


高忠義(元朝鮮総連活動家)

西岡 力(救う会会長、東京基督教大学教授)

西岡 力(救う会会長、東京基督教大学教授)

惠谷 治(ジャーナリスト)


第3部 日朝拉致協議をどう打開するか


西岡 力(救う会会長、東京基督教大学教授)

古屋圭司(前拉致問題担当大臣、拉致議連会長代行)

松原仁(元拉致問題担当大臣、拉致議連幹事長、衆議院議員)

上田 勇(拉致議連副会長、衆議院議員)

中山恭子(次世代の党代表、拉致議連副会長、元拉致問題担当大臣、参議院議員)

西岡 力(救う会会長、東京基督教大学教授)


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3