救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告



◆六番目は外貨をむだ遣い

金聖●(自由北朝鮮放送代表) 六番目に金正恩は財布の中身を見もせず、金日成、金正日を凌駕する程の外貨を使っています。
 2009年1月、金正恩は党内的に「後継者」として通知されて以後、4千万ドル余りを投入して金正日、金日成の誕生日などのお祝いで、祝砲とレイザー照明を動員した大型花火ショーを行いました。
 そして、金正日と金正恩の超豪華別荘と偶像化建造物を管理するのに毎年3億ドル以上を使い果たしています。
 金正日と金正恩は核兵器とミサイル開発に83億4,000万ドルを投入しました。2006年7月と2009年4月、2012年4月と12月には一度射つのに数百から数千万ドルがかかる長距離ロケットを発射しましたし、2006年10月と2009年5月、そして2013年2月に呪いの核試験で朝鮮半島と東北アジア、そして世界の平和と安定を極度に脅かしました。
 反面、米国と日本、ヨーロッパと国際社会は北朝鮮に対する制裁をより一層強化し、韓国も5.24措置(天安艦爆沈事件に伴う経済制裁)以後、北朝鮮に対する支援を全くしなくなっています。そのため、外貨が枯渇して金父子がこの間繰り広げてきた贈り物政治(政権への忠誠心を持たせるため、折に触れて幹部らに贈り物をしたこと)も中止せざるを得ない局面になってしまいました。
(●=王へんに文)

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3