救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

スローガン
めぐみさんたちは生きている!
制裁の強化、国際提携で
すべての拉致被害者を救出しよう!
トピックス

●北朝鮮の説明のうそを暴いた日本の反論

 2014年の日朝協議で北朝鮮が「再調査」に合意し、「合意文書」を作成し、「特別調査委員会」について報告しましたが、最大の焦点は北朝鮮が8人について過去に2回にわたり「死亡」と嘘をついたことを撤回させることができるかどうかです。再び嘘の証拠を出してくる恐れもあります。以下は、2002年、2004年に北朝鮮が提出した嘘の報告と、それに関して家族会・救う会が政府に提出した疑問点・矛盾点、また拉致問題対策本部と外務省が北朝鮮の報告は全く信用できないとして発表した報告です。  

●9/13(土)もう我慢できない 今年こそ結果を!国民大集会全記録

●8/28(木) どうなる再調査結果-東京連続集会81全記録全録画

●7/17(木) 北の「特別調査委員会」をどう見るか
              東京連続集会80全記録全録画

●6/22(日)日朝合意「再調査」−
    こんな問題が起きないか緊急国民集会 全記録全録画

●5/23(金)北朝鮮は今どうなっているのか 東京連続集会79全記録

●5/23(金)北朝鮮は今どうなっているのか 東京連続集会79全録画

●4/27(日)今年こそ結果を!国民大集会 
       すべての拉致被害者をすぐに返せ! 全記録 全録画

●04/10 「人道的なふりをし始めた北朝鮮への対応ー東京連続集会78」全記録

●04/10 「人道的なふりをし始めた北朝鮮への対応ー東京連続集会78」全録画

●03/03 国際セミナー「北朝鮮は世界の拉致被害者をすぐに返せ!」全記録


安倍総理、古屋大臣と各国拉致被害者家族(26.03.03)

●02/02 家族会・救う会新運動方針

●02/01 金聖○自由北朝鮮放送代表が報告
     「張成沢処刑後の北朝鮮と拉致問題」東京連続集会77

●12/13(金)特別セミナー「拉致問題の全体像と解決策」全記録

●北朝鮮による拉致の全貌(25.12.13特別セミナー提出)

●北朝鮮による拉致被害者の分類(表)

●11/28(木)横田めぐみさん拉致事件検証 東京連続集会76(全記録)

●11/28(木)横田めぐみさん拉致事件検証 東京連続集会76(全録画)

●10/9(水)韓国から見た拉致問題 東京連続集会75(全記録)

●10/9(水)韓国から見た拉致問題 東京連続集会75(全録画)

●9/16(月)
 『すべての拉致被害者を救出するぞ! 国民大集会』(全録画)
 『すべての拉致被害者を救出するぞ! 国民大集会』(全記録)


 チラシのダウンロードはこちらから


●7/11(木)アメリカから見た拉致問題−東京連続集会(録画)


●6/20(木)
    よど号犯による拉致事件を考える 東京連続集会73(録画)
    よど号犯による拉致事件を考える 東京連続集会73(全記録)



●5/17(金) 寺越事件50年 東京特別集会(録画)
         寺越事件50年 東京特別集会(全記録)


●4/27(土) 国民大集会(録画)
         国民大集会(全記録)



●署名が1000万筆超え1027万筆に


  皆様のご協力に感謝します。署名運動は今後も続けます。


●平成25年版、新しい署名用紙はこちらから


●3/28追い込まれつつある北朝鮮と拉致問題 東京連続集会72(録画)
  追い込まれつつある北朝鮮と拉致問題 東京連続集会72(全記録)


●2/28北朝鮮の核実験暴挙に抗議する東京緊急集会(録画)

     北朝鮮の核実験暴挙に抗議する東京緊急集会(全記録)


●「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」(録画)
   24. 9. 2 東京・日比谷公会堂(全記録)


●この金を持出し・送金させるな

金正日死去後に北朝鮮に持出された現金

平成23-24年
12月 36件  3,770万円
1月  17件  3,020万円
2月  59件  6,340万円
3月  42件  3,160万円
4月 194件 21,470万円
計  348件 37,760万円

最近の送金額
平成23年度 7,700万円

◆アニメ漫画「家族愛−拉致問題を絶対に忘れない」はこちらから


● 勝負の年、政府はすべての拉致被害者を救出せよ!
               4/28国民大集会の記録( )


● 新しい8ページパンフはこちらから


●1000万署名をめざす新しい署名用紙はこちらから


●1/26東京連続集会63
 「金正日死後の情勢を拉致被害者救出にどう活かすか」

 第1部 今年は何か動きがあるだろう 報告( 1, 動画)
 第2部 初めての金正恩命令は
     「外貨を使用するな。使用すれば殺す」 報告(1, 2, 3, 動画)


●2/15東京連続集会64(動画)
 「どう救出するか-家族会・救う会の新運動方針」開催


●「金正日による犠牲者に思いを寄せる12/28東京集会」開催


●12/10国際セミナー
 「拉致被害者はなぜ生きていると言えるのか」開催


●韓国人拉致被害者・申淑子さんが救出運動のシンボルに

◆もっと多くの写真・説明はこちらから

北朝鮮・耀徳(ヨドク)収容所に収監されている申淑子(シン・スクチャ)さんと長女の恵媛(ヘウォン)さん(右上)、次女の圭媛(ギュウォン)さん(前)。
写真は北朝鮮・耀徳(ヨドク)収容所に収監されている申淑子(シン・スクチャ)さんと長女の恵媛(ヘウォン)さん(右上)、次女の圭媛(ギュウォン)さん(前)。呉吉男(オ・ギルナム)博士の家族です。作曲家・尹伊桑(ユン・イサン)氏が、北朝鮮の指示を受け、脱北してドイツにいた呉博士に北朝鮮行きを説得した際に利用した家族写真の1枚。呉博士は申淑子さんの地元韓国統営(トンヨン)で救出運動を開始し、韓国では、「統営の娘申淑子さん」として拉致被害者のシンボルとなり、救出運動への関心が急速に高まっている。

●11/11『チャック・ダウンズ氏らが講演 ワシントン・北朝鮮人権委員会報告書出版シンポジウム』掲載

ワシントン北朝鮮人権委員会 拉致報告書

『ワシントン北朝鮮人権委員会 拉致報告書』

チャック・ダウンズ編


  • 出版社:自由社
  • 発売日: 2011/11
  • 価格:1785円

●11/11「配慮した行動」がきちんと行われるか・平壌サッカー大会


●10/13今後の救出運動と北朝鮮情勢 西岡会長、島田副会長報告


●生きているのになぜ助けられない!9/4緊急国民集会報告(1、2)


●北朝鮮を取り巻く国際情勢・東京連続集会60報告 (1, 2)


●「調査やり直し」約束破棄から3年 政府は9月を期限に約束を履行させよ! すべての拉致被害者を救出するぞ!全国一斉行動実施中


●生きているのになぜ助けられない!
 すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大行進
6月5日(日)午後2時・4時 芝公園23号地集合


●東日本大震災義援金に351,926円
家族会・救う会・拉致議連主催の国民大集会へのカンパはすべて
東日本大震災義援金とさせて頂きました。ご協力に感謝します。


●生きているのになぜ助けられない!
 すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会
5月8日(日)午後2時・5時 日比谷公会堂


●新しい蝶結びブルーリボンバッジができました
女性もつけやすい安全ピン式



●大震災に際して・家族会・救う会


大地震と大津波で犠牲になられた方々に心から哀悼の意を表します。被災者の皆さまにお見舞い申し上げ、皆様が一日も早く普通の生活に戻れますよう心よりお祈りいたします。また、一刻も早い安否確認と救出をお祈りいたします。

拉致被害者救出運動にこれまで寄せられた国民の暖かい思いに感謝する立場からも、私たちも国民の一人として被災者のための支援活動に参加させていただきます。

平成23年3月16日

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 代表 飯塚繁雄

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 会長 西岡 力

●金正日の悪行を糾弾し北朝鮮人民に真実を伝える2.16日韓連帯集会全記録 (1, 2, 3, 4)


●全員救出:今年にかける家族の思い・1/27連続集会報告 ( 1, 2, 3, 4 )


●流動化する北朝鮮情勢と救出戦略・12/10国際シンポ全記録 ( 1, 2, 3, 4 )


●北朝鮮の韓国砲撃に抗議し拉致被害者救出に万全の備えを求める緊急集会報告


●これが朝鮮学校教科書だ! 「拉致問題」「大韓機爆破事件」


●2010.11.11拉致の起源は朝鮮戦争拉致・拉致問題で変化し始めた韓国・連続集会報告


●「北朝鮮による国際拉致解決連合」第2回大会決議文


●朝鮮学校への自治体補助金一覧(平成21年)


●家族会・救う会合同会議概要


●家族会・救う会 新運動方針を決定


●8.29朝鮮学校への授業料無償化に反対する緊急集会報告


●8.29朝鮮学校への授業料無償化に反対する緊急集会報告x@Σ搬欧料覆ィ


●8.29 朝鮮高校への授業料無償化に反対する緊急集会決議文


●7.31めぐみさんも八重子さんも平壌にいる・金賢姫氏面会、連続集会1(1)


●7.31めぐみさんも八重子さんも平壌にいる・金賢姫氏面会、連続集会1(2)


●7.31大きな意義があった金賢姫さん来日・連続集会2(1)


●7.31大きな意義があった金賢姫さん来日・連続集会2(2)


●金賢姫氏との面会後の家族会記者会見(22.07.22)

(概説=救う会・西岡会長、コメント=家族会・飯塚繁雄、有本明弘・嘉代子、 斉藤文代、増元照明、市川健一、松本 孟)

●風船ビラ運動へのご協力のお願い


風船ビラ運動
韓国鉄原の白馬高地から第1回風船ビラ飛ばしを実施しました(22.06.23、6.25)

●6.10国民大行進にかける家族の思い(5.27連続集会報告)


●4.25国民大集会報告・金正日はすべての拉致被害者をすぐに返せ!(家族会の訴え動画記録)

第一部
1.増元照明2.飯塚繁雄3.平沼赳夫4.中井 洽5.古屋圭司6.竹内 譲
7.泉田 裕彦8.深井 明9.荒木 和博10.崔 光奭11.バンジョン・パンジョイ
12.海老原智治13.上田清司(メッセージ)
第二部
1.増元照明2.西岡 力3.横田早紀江4.横田滋5.有本明弘6.飯塚耕一郎
7.平野フミ子8.市川健一9.松木信宏10.松本 孟11.寺越昭男12.北野政男
13.横田 滋14.横田早紀江15.横田哲也16.本間 勝17.有本嘉代子18.市川龍子
19.斉藤文代20.増元照明

●寺越外雄さんの家族の現状・東京連続集会51報告(22.02.24)


●21.12.07北九州市集会報告

拉致被害者救出の3条件・西岡 力・救う会会長代行
家族の訴え・飯塚繁雄、市川龍子、斉藤文代、平野フミ子



●国際シンポジウム関係論文(追加分、01.29連続集会配布資料)

6.北朝鮮による拉致および拉致未遂事件(惠谷 治)



●国際シンポジウムご案内(2009.12.11)関係論文

「北朝鮮による拉致の全体像と救出の方途」
1.総括報告 拉致の全貌、1976年の金正日拉致指令を中心に(西岡 力)
2.金正日の外国人拉致(西岡 力)
3.グラフ 北朝鮮による漁船拿捕・拉北事件一覧(惠谷 治)
4.北朝鮮による中国人拉致事件(姜哲煥)



●拉致救出 3度目のチャンスに備えよう・連続集会報告


●拉致問題に関する総選挙全立候補者・当選者アンケート結果報告


●平成21年総選挙全立候補者アンケート結果


●拉致を理由に追加制裁を!緊急国民集会報告(2009.09.03)
1.緊急国民集会決議
2.各党代表報告など
3.拉致被害者家族の訴え


「母を知らない」それが私の拉致問題 飯塚耕一郎
(出典=月刊「MOKU」2009.06)


● 田原総一朗氏が「朝まで生テレビ(21.04.24)」で被害者は死亡と暴言
家族会・救う会が強く抗議
関連情報はこちらをクリック


●国民大集会報告(2009.05.06)
1.拉致被害者家族の訴え
2.韓国の拉致被害者家族・ゲストの訴え


●政府に対北朝鮮制裁を先送りにする動き・即時・独自制裁を、緊急提言(2009.04.07)



● 金賢姫氏に中国語を教えた中国マカオの
ホン・レンインさんも北朝鮮による拉致被害者
詳細はこちら  (1)  (2)

金賢姫氏と語ったこと、分かったこと・連続集会
飯塚繁雄さん、耕一郎さんが報告


2008年12月12日 国際シンポジウム全記録

2007年12月10日 第2回拉致の全貌と解決国際会議全記録

2006年12月13日 第1回拉致の全貌と解決国際会議全記録

金賢姫氏の抗議書簡(参考情報)

2008年9月15日 すべての拉致被害者をすぐに返せ! 緊急国民集会(映像記録)

食糧200万トン、人口300万人水増し−北朝鮮の統計 国連レポートの諸問題

亡命した元・工作員金東赫氏に聞く(動画)

【参考情報】金正日脳卒中で倒れる、テロ国家指定解除延期が引き金か
付録 ※朝鮮総連幹部用内部資料はこちら

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの家族の苦悩や、救出活動の模様を描いた 政府制作の アニメ「めぐみ」 はこちらからご覧になれます。
全25分4秒、動画を大きくしたり、途中から見ることもできます。

       
家族会・救う会は12月9日午後、政府に「北朝鮮が提出した「調査結果」の疑問点・矛盾点(2)」を提出し、その後記者会見でそれを公表した。以下その全文である。

家族会・救う会は実務者協議の結果を詳しく分析し「疑問点・矛盾点」を11月25日に政府に提出しました。また、昨日(12月8日)は、横田めぐみさんの遺骨と称して提供された骨も、再度「松木薫さんの可能性もある」として提供された骨も捏造であることが判明しました。それらにより、北朝鮮金正日政権の不誠実な姿勢が浮き彫りになりました。

本日、私たちはそれに引き続き、この間公開をひかえてきた情報の中から、
現段階で公開することがふさわしいと考えられるものを選び、「疑問点・矛盾点(2)」としてまとめました。
帰国した5人の拉致被害者の方々はこの間、未帰還拉致被害者救出のため日本政府に対して情報提供をすると同時に、家族会・救う会にも情報を提供してきました。

家族会・救う会は提供された情報は北朝鮮側が出してくる調査結果を検証するために使われるべきだと考え、その情報の公開を避けてきました。しかし、11月の第3回実務者協議の結果を受けて、現段階で公開しても北朝鮮を利することがない、むしろ公開して北朝鮮の主張のでたらめさを訴えるべきだと思われる部分が出てきましたので報告いたします。今回指摘するのは、全体的疑問点・矛盾点1点と個別的疑問点・矛盾点7点です。前回の報告と合わせると合計73点となります。要するに、北朝鮮が出してきた情報と物証はすべて捏造だったということです。
これによっていよいよ金正日政権の虚偽と非道さが明らかになりました。もはや、いままでのような形での対話では拉致問題を解決できないことは明らかです。わたしたちは多くの国民の怒りの声とともにとともに、経済制裁発動を強く求めるものです。また、政府による精査結果を早急に公開することも合わせて求めます。

家族会・救う会では、本日11月25日、第3回日朝実務者協議で北朝鮮側から提出された「調査報告」について、各家族の挙げる疑問点を集め、またこれまで得た情報と比較検討し、現段階での疑問点・矛盾点をまとめた。
このまとめを、本日午前10時、小熊博・拉致被害者等支援室長を訪問して手渡し、政府が行っている「精査」作業に活用するとともに、捏造が明らかになった以上、政府が明確な態度表明を行うことを要請した。
当日は、家族会から、横田滋・早紀江代表夫妻、飯塚繁雄副代表、増元照明事務局次長が、救う会から佐藤勝巳救う会会長、西岡力・常任副会長、平田隆太郎・事務局長が参加した。
席上、小熊室長は、「早く精査すべきところであるが、めぐみさんのカルテは走り書きで読みにくいなどかなり難航している。今日頂いたまとめを有効に活用するよう関係省庁に伝える」と述べた。
めぐみさんが死亡したと北朝鮮側が主張する49号予防院で代表団が面会した医師は、前回、死亡診断書を捏造した医師と同じ人物であった。日本側から何らかの主張をしたのか、との問いに、小熊室長は、「斎木昭隆審議官が間違いをただしていた」と述べた。参加者から、北朝鮮という国は、上から命令されたら断れない国であることの明らかな事例の一つだ、との声があがった。
小熊室長は、今回の代表団は、先方の言い分を聞くことを主眼としていたが、それもケースバイケースで、こちらから疑問点を糾すこともあった、と述べた。
家族会・救う会からは、今回の実務者協議で、北朝鮮が公式文書を捏造したことが明らかになったことが最大の成果だ。そのことを官房長官等政府は明確に言及すべきだ。KAL機事件の時は、官房長官が「北朝鮮によるテロ」と断定し、制裁を実施した。日本人が被害にあった拉致事件でなぜ態度表明ができないのか。「精査」が終わるのを待たずとも、捏造がはっきりした以上、明確に態度表明してほしいと要請した。小熊室長は、「官房長官に説明したい」と述べた。

家族会、救う会がまとめた「疑問点・矛盾点」の全文は以下の通り。
最新・更新情報
2014/09/19  救う会HPに『★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.09.19)もう我慢できない!今年こそ結果を!国民大集会全報告3』掲載しました。
2014/09/18  救う会HPに『★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.09.18)もう我慢できない!今年こそ結果を!国民大集会全報告2』掲載しました。
2014/09/17  救う会HPに『★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.09.17)もう我慢できない!今年こそ結果を!国民大集会全報告1』掲載しました。
2014/09/12  救う会HPに『★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.09.12)明日9月13日(土)は国民大集会』掲載しました。
2014/09/10  救う会HPに『★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.09.10)すべての拉致被害者をすぐに返せ−宋日昊大使発言で緊急声明』掲載しました。
2014/09/08  救う会HPに『★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.09.08)山谷えり子・拉致問題担当大臣と面会−家族会等』掲載しました。
2014/09/06  救う会HPに『北朝鮮の再調査結果、予想される問題点-東京連続集会81 全記録・全録画』掲載しました。
2014/09/05  救う会HPに『★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.09.05-2)北朝鮮の再調査結果、予想される問題点6』掲載しました。
2014/09/05  救う会HPに『★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.09.05)北朝鮮の再調査結果、予想される問題点5』掲載しました。
2014/09/04  救う会HPに『★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.09.04)北朝鮮の再調査結果、予想される問題点4』掲載しました。





カンパのお願い
本会の活動はすべてカンパで賄われています。特定の団体がスポンサーになっているわけではありません。恐縮ですが皆様のご協力をお願いします。なお、カンパをして下さった方々の名簿等個人データにつきましては一切公開しておりません。予めご了承下さい。

募金先

郵便振替口座00100-4-14701   「救う会」
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
pnp
■ サイト内検索 ■


■ 最新メールニュース ■

■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3