救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

書籍情報


『横田めぐみさんたちを取り戻すのは今しかない』
(PHP5/7刊、1620円、税込)

西岡 力著


『めぐみへ 横田早紀江、母の言葉』(1470円、草思社)
家族会・救う会編著
産経新聞出版刊 1575円


『めぐみ手帳 娘を取り戻すための記録』(1500円+税、光文社刊)
家族会・救う会編著
産経新聞出版刊 1575円


めぐみさんたちは生きている!「北朝鮮拉致」家族会・救う会10年の闘い
家族会・救う会編著
産経新聞出版刊 1575円


「北朝鮮拉致」の全貌と解決国際的視野で考える
家族会・救う会編著
産経新聞出版刊 1400円


南北朝鮮同時崩壊か
平田 隆太郎 他著 1000円


北朝鮮の「核」「拉致」は解決できる
西岡 力(著) 1300円


金正日に正しいメッセージを
経済制裁の疑問に答えます
平田隆太郎、惠谷 治、島田洋一、西岡 力、李 英和著 1000円(税込み


 

妹よ  飯塚繁雄(著)
日本テレビ放送網出版 価格:\1300(H16.05.26発刊)
田口八重子さんのお兄さんの手記
飯塚繁雄拉致で一変した家族の物語
息子耕一郎さんが救出運動に参加

恵子は必ず生きています 有本嘉代子(著)
神戸新聞総合出版センター 価格:\1575(H16.03.30発刊)
失踪5年後に来た手紙と冷たかった外務省
家族会結成までの孤独な闘い
拉致を認めたよど号犯の妻


薫へ 届かなかった手紙 蓮池秀量・ハツイ(著)
新潮社 価格:\1260(H15.10.30発刊)
書き続けた息子への母の手紙
和歌に託す父の思い
感動の帰国から1年


家族 家族会(著)
光文社 価格:\1600(H15.07.07発刊)
家族会会員の涙と怒りの記録
衝撃の1日−突然の失踪
新たな衝撃−北朝鮮拉致が明るみに


奪還 引き裂かれた24年 蓮池透(著)
新潮社 価格:\1365(H15.04.25発刊)
朝鮮公民としての弟が変わった時
駆け落ちか、神隠しか
「2つの国」との戦い


めぐみ、お母さんがきっと助けてあげる
横田早紀江(著),西岡力解説
草思社 価格:\1575(H11.10.30発刊)
ある日突然、娘がいなくなった
わが身にかえても取戻す
凛とした日本人の心で救出を


拉致と強制収容所 北朝鮮の人権侵害
法律家の会編(著)
朝日新聞社 価格:\1260(H16.06.30発刊)
特定失踪者の失踪事例と拉致が濃厚な理由
北朝鮮強制収容所の役割・歴史・廃絶の課題
脱北者の人権侵害と日韓中政府の責任


北朝鮮による拉致を考える
―中学生・高校生に知ってほしいこと 

佐藤勝巳監修
明成社 価格:\700(H16.03.26発刊)
拉致事件の基礎知識
横田夫妻からのメッセージ
拉致事件関連資料


北朝鮮に取り込まれる韓国 西岡力(著)
PHP研究所 価格:\1575(H16.03.10発刊)
なぜ韓国は親北派の手におちたのか
韓国保守派は巻き返せるか
拉致事件により日本はいま有事である


横田めぐみは生きている 安明進(著)
講談社 価格:\1029(H15.04発刊)
元工作員が暴いた「日本人拉致」の陰謀
安明進氏の最新証言と衛星写真が圧巻
匿名工作員座談会の新情報が貴重


アメリカ・北朝鮮抗争史 島田洋一(著)
文春新書 価格:\720(H15.03.20発刊)
米朝関係をきちんと押さえると拉致が分かる
クリントンの失敗の本質
ブッシュに追いつめられた独裁者金正日


北朝鮮の「今」がわかる本 佐藤勝巳(著)
三笠書房 価格:\1365(H14.末発刊)
北朝鮮の危機はどこまで深刻か
強制収容所、その恐怖の実態
朝鮮総連と北朝鮮の隠された関係


拉致家族「金正日との戦い」全軌跡 佐藤勝巳他(著)
小学館文庫 価格:\500(H14.12.01発刊)
日朝首脳会談実現の経過と総括
信じられない北朝鮮の「調査結果」
恫喝・人質外交に乗せられた政治家たち


拉致家族との6年戦争 敵は日本にもいた 西岡力(著)
扶桑社 価格:\1500(H14.12.20発刊)
拉致救出のため91年以降なされた運動と研究
野中広務ら親北政治家とのたたかい記録
北朝鮮「調査報告」矛盾点資料巻末収録


拉致救出運動の2000日 荒木和博編著
草思社 価格:\1995(H14.11.29発刊)
2002年末までの家族会・救う会運動記録
誰が事件の早期解決を阻んだか
メールニュース・声明等資料の集大成


テロ国家北朝鮮に騙されるな 西岡力(著)
PHP研究所 価格:\1260(H14.11.06発刊)
ブッシュの悪の枢軸演説が拉致救出を進めた
北朝鮮は核爆弾を小型化させた
南進用トンネルが今も掘削されている


金正日が仕掛けた「対日大謀略」 拉致の真実
西岡力(著)
徳間書店 価格:\1680(H14.10.31発刊)
金正日が拉致謝罪した理由
「8人死亡」の調査報告は対日大謀略
北朝鮮の「調査報告」資料等巻末に


謝罪します 私が有本恵子さんを誘拐しました
八尾 恵(著)
文藝春秋社 価格:\1680(H14.06.30発刊)
「よど号」グループは北朝鮮で何をしてきたか
金日成が日本革命のため日本人拉致を命令
正直で素直な有本恵子さんだから拉致した


日本外交はなぜ朝鮮半島に弱いのか
佐藤勝巳(著)
草思社 価格:\1470(H14.03.08発刊)
朝鮮総連は日本で何をしてきたか
定見なき朝鮮半島外交の起源
日本は朝鮮半島にこう対処せよ


朝鮮総連工作員 『黒い蛇』の遺言状
張 龍雲(著)
小学館文庫 価格:\520(H11.11.01発刊)
田中実さん拉致を告白
在日地下組織の恐るべき活動
朝鮮総連の非公然活動の実態


北朝鮮拉致工作員 安明進(著)
徳間文庫 価格:\580(H10.03発刊)
横田めぐみさんら拉致を詳しく証言
北朝鮮工作機関の恐るべき実態
命がけで書かれた真実の証言


忘れられない女(ひと) 李恩恵先生との20か月
金賢姫(著)
文春文庫 価格:\570(H09.10.10発刊)
李恩恵(田口八重子さん)先生を助けてください
子どもを思って泣いていた田口さん
田口さん以外の日本人被害者


いま、女として 金賢姫全告白(上下)
金賢姫(著)
文春文庫 価格:\650(H06.09.10発刊)
大韓航空機爆破犯人の手記
金賢姫の教官だった田口八重子さん
日本人になりすましてテロ実行が拉致の目的


金賢姫は告発する 大韓機爆破500日後の胸の内
趙 甲済(著)
徳間書店 価格:\1223(H01.12.31発刊)
美しい乙女をテロリストにした魔力の正体
神(金日成)を否定し人間に戻った金賢姫
秘密工作員はこうして作られる


月刊「現代コリア」 現代コリア研究所
年間購読料0円(年10冊)
家族会・救う会の毎月の活動報告
日本最高レベルの北朝鮮・韓国専門誌
原稿料なしで一流専門家が寄稿する月刊誌

■ サイト内検索 ■


■ 最新メールニュース ■

■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3