救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮が提出した「調査結果」の疑問点・矛盾点(2)2014.12.09
家族会・救う会は12月9日午後、政府に「北朝鮮が提出した「調査結果」の疑問点・矛盾点(2)」を提出し、その後記者会見でそれを公表した。以下その全文である。

家族会・救う会は実務者協議の結果を詳しく分析し「疑問点・矛盾点」を11月25日に政府に提出しました。また、昨日(12月8日)は、横田めぐみさんの遺骨と称して提供された骨も、再度「松木薫さんの可能性もある」として提供された骨も捏造であることが判明しました。それらにより、北朝鮮金正日政権の不誠実な姿勢が浮き彫りになりました。

本日、私たちはそれに引き続き、この間公開をひかえてきた情報の中から、
現段階で公開することがふさわしいと考えられるものを選び、「疑問点・矛盾点(2)」としてまとめました。
帰国した5人の拉致被害者の方々はこの間、未帰還拉致被害者救出のため日本政府に対して情報提供をすると同時に、家族会・救う会にも情報を提供してきました。

家族会・救う会は提供された情報は北朝鮮側が出してくる調査結果を検証するために使われるべきだと考え、その情報の公開を避けてきました。しかし、11月の第3回実務者協議の結果を受けて、現段階で公開しても北朝鮮を利することがない、むしろ公開して北朝鮮の主張のでたらめさを訴えるべきだと思われる部分が出てきましたので報告いたします。今回指摘するのは、全体的疑問点・矛盾点1点と個別的疑問点・矛盾点7点です。前回の報告と合わせると合計73点となります。要するに、北朝鮮が出してきた情報と物証はすべて捏造だったということです。
これによっていよいよ金正日政権の虚偽と非道さが明らかになりました。もはや、いままでのような形での対話では拉致問題を解決できないことは明らかです。わたしたちは多くの国民の怒りの声とともにとともに、経済制裁発動を強く求めるものです。また、政府による精査結果を早急に公開することも合わせて求めます。

続きはこちらから

家族会・救う会の再反論 「死亡」とされた8人の調査結果の矛盾点・疑問点 2004.11.25
家族会・救う会では、本日11月25日、第3回日朝実務者協議で北朝鮮側から提出された「調査報告」について、各家族の挙げる疑問点を集め、またこれまで得た情報と比較検討し、現段階での疑問点・矛盾点をまとめた。
このまとめを、本日午前10時、小熊博・拉致被害者等支援室長を訪問して手渡し、政府が行っている「精査」作業に活用するとともに、捏造が明らかになった以上、政府が明確な態度表明を行うことを要請した。
当日は、家族会から、横田滋・早紀江代表夫妻、飯塚繁雄副代表、増元照明事務局次長が、救う会から佐藤勝巳救う会会長、西岡力・常任副会長、平田隆太郎・事務局長が参加した。
席上、小熊室長は、「早く精査すべきところであるが、めぐみさんのカルテは走り書きで読みにくいなどかなり難航している。今日頂いたまとめを有効に活用するよう関係省庁に伝える」と述べた。
めぐみさんが死亡したと北朝鮮側が主張する49号予防院で代表団が面会した医師は、前回、死亡診断書を捏造した医師と同じ人物であった。日本側から何らかの主張をしたのか、との問いに、小熊室長は、「斎木昭隆審議官が間違いをただしていた」と述べた。参加者から、北朝鮮という国は、上から命令されたら断れない国であることの明らかな事例の一つだ、との声があがった。
小熊室長は、今回の代表団は、先方の言い分を聞くことを主眼としていたが、それもケースバイケースで、こちらから疑問点を糾すこともあった、と述べた。
家族会・救う会からは、今回の実務者協議で、北朝鮮が公式文書を捏造したことが明らかになったことが最大の成果だ。そのことを官房長官等政府は明確に言及すべきだ。KAL機事件の時は、官房長官が「北朝鮮によるテロ」と断定し、制裁を実施した。日本人が被害にあった拉致事件でなぜ態度表明ができないのか。「精査」が終わるのを待たずとも、捏造がはっきりした以上、明確に態度表明してほしいと要請した。小熊室長は、「官房長官に説明したい」と述べた。

家族会、救う会がまとめた「疑問点・矛盾点」の全文は以下の通り。
続きはこちらから

韓国の拉致被害者家族・ゲストの訴え−国民大集会
 下記は、平成21年5月6日、東京・日比谷公会堂で行われた「拉致被害者の早期救出を求める国民大集会」において、韓国の拉致被害者家族・ゲストの方々が発言されたものだけを集めて収録したものです。冒頭の会場の皆様への感謝の挨拶など一部割愛しています。当日の総合司会はジャーナリストの櫻井よしこさん(文責=救う会事務局)。

目次
韓国家族訴え崔 光奭朝鮮戦争拉致被害者関連法が制定へ
      李 玉哲李明博政権は、韓日米連携で拉致被害者の帰還を
報告    趙 甲済金正日個人を脅かす国際的制裁を!
      金 大成脱北者がもたらす情報が拉致被害者を助ける


続きはこちらから
拉致被害者家族の訴え−国民大集会
下記は、平成21年5月6日、東京・日比谷公会堂で行われた「拉致被害者の早期救出を求める国民大集会」において、家族会の方々が発言されたものだけを集めて収録したものです。冒頭の会場の皆様への感謝の挨拶など一部割愛しています。当日の総合司会はジャーナリストの櫻井よしこさん、「訴え」の部分の司会は増元照明さん(文責=救う会事務局)。
目次

主催者挨拶飯塚繁雄代表一致団結して北朝鮮に強いメッセージを
報告 飯塚耕一郎金賢姫さんと会って得た気持ちの和らぎ
訴え 有本 明弘田原総一朗氏の嘘に総攻撃を
横田  滋自国民を救うのは国家の責任
横田早紀江恐ろしいことのために使われた拉致被害者
平野フミ子家族と被害者が抱き会える日を
市川 龍子使命を果した偉大な母
斉藤文代国民と日本政府と政治家が全部立ち上がれば
増元照明国会議員が米国で「拉致問題は核問題の障害」と


続きはこちらから
pnp
■ サイト内検索 ■


■ 最新記事一覧 ■

■ アンケート集計結果 ■
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3