救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

平成29年北朝鮮人権週間に想う(2017/12/16)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2017.12.16)

■平成29年北朝鮮人権週間に想う

西岡力(救う会全国協議会全国協議会会長)

 今年の北朝鮮人権週間は、とても寂しくつらい。2006年にできた「拉致問題そ
の他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律(北朝鮮人権法)」に
より毎年12月10日から16日が北朝鮮人権週間と定められ「国及び地方公共団体は、
北朝鮮人権侵害問題啓発週間の趣旨にふさわしい事業が実施されるよう努めるも
のとする。」とされている。

 ところが12月11日夜、新潟県佐渡町から曽我ひとみさんの夫であるチャールズ・
ジェンキンズさんがご逝去されたという知らせがあり、つづいて12日朝、増元る
み子さんのお母様である増元信子さんのご逝去の報が鹿児島から届いた。

 私たちはいつも、家族の高齢化を強調してきたが、このようにつづいて家族が
お亡くなりになることが続き強い怒りと悲しさを覚えている。

 昨日15日、家族会・救う会・拉致議連は国際セミナーを開催し、全国からまた
家族会メンバーが東京に集まった。本日16日には家族会総会が正午から開催され
る。集まったメンバーの顔を見ながら私は心が痛い。

 拉致は北朝鮮の3代世襲独裁政権による国家テロである。犯人である北朝鮮政
権に許しがたいという怒りを覚える。しかし、40年経っても同胞を救い出せない
我が祖国のあり方にもまた怒りと悲しみを覚える。

 しかし、この瞬間にも彼の地で日本からの助けが来ることを待っている被害者
らがいる。私はこの間繰り返し主張しているが、北朝鮮をめぐる国際情勢は緊迫
の度を増し、その中で被害者救出の最後の機会が近づきつつある。今できること
は何か、やり残していることはないか、1日1日、一瞬一瞬を緊張感を持ち、早期
に全被害者を取り戻すために全力を尽くさなければならないとあらためて心に刻
んでいる。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
pnp
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/12/16
平成29年北朝鮮人権週間に想う
2017/12/08
希望の党が拉致問題対策本部立ち上げ、要請文を決定
2017/12/06
衆参両院が全会一致で対北決議
2017/12/05
脅威の実像示す北ミサイル試射 西岡力
2017/11/28
トランプ大統領面会報告と緊迫する北朝鮮情勢−東京連続集会報告5

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3