救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

拉致議連が安倍総理など政府に申し入れ(2018/06/22)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2018.06.22)

 拉致議連の古屋圭司・元拉致問題担当相は本日6月22日、官邸で安倍総理に
面会し、全ての拉致被害者の即時一括帰国に向けての申し入れ書を提出した。

 全文は以下の通り。

■拉致議連が安倍総理など政府に申し入れ

平成30年6月22日

内閣総理大臣 安倍晋三 殿
外務大臣 河野太郎 殿
拉致問題担当大臣 加藤勝信 殿

北朝鮮に拉致された日本人を早期に
救出するために行動する議員連盟
会長  古屋 圭司

全ての拉致被害者の即時一括帰国に向けての申し入れ

 6月12日、歴史的な米朝首脳会談が行われ、トランプ大統領から金正恩委員長
に拉致問題が提起された。安倍総理は直前に訪米し、さらに前日にも電話で、ト
ランプ大統領に拉致問題についての考え方を伝え、トランプ大統領から金正恩委
員長に安倍総理の言葉そのままに伝えられたということである。金正恩委員長は、
安倍総理との会談に前向きの姿勢を示していると言われている。安倍総理は、日
本が北朝鮮と直接向き合って、拉致問題を解決していくとの決意を示している。
いよいよこれからが正念場である。拉致議連は、この千載一遇のチャンスを何と
してでも全拉致被害者の即時一括帰国に結びつけるべく、金正恩委員長との直接
対話に臨む安倍総理を全面的に支持する。政府は、以下の諸点に留意しつつ、全
力を挙げて取り組んでいただきたい。

1.米朝首脳会談を機に国内外で融和ムードが高まっているが、北朝鮮は、拉致、
核・ミサイル等の諸問題の解決に向け、具体的な行動は未だ何ら起こしていない。
北朝鮮が自ら対話を求めてきたのは、日・米・韓が中心となり国際社会と連携し
て制裁という最大限の圧力をかけ続けたからである。今、圧力を緩めてはならな
い。拉致、核・ミサイル等の諸問題の包括的解決が図られるまで、制裁を緩和す
ることのないよう、国際社会と一致団結して対応していくことが重要である。

2.拉致被害者や御家族の方々は高齢化しており、拉致問題の解決には一刻の猶
予もない。しかし、これまで北朝鮮に騙され続けてきた過去の歴史を振り返れば、
北朝鮮との交渉に前のめりになっては足元をすくわれる。焦らず、確実に拉致被
害者の帰国につながる実質協議ができることを見極めた上で、日朝首脳会談に臨
む必要がある。拉致問題の解決なくして、経済支援はもとより日朝国交正常化へ
の議論を行うことは絶対に認められない。これらの考えを全ての関係者が共有し、
あらゆる手段を尽くすべきである。

3.拉致問題の解決とは、全拉致被害者の即時一括帰国以外にはない。そのこと
を肝に銘じて、日朝首脳会談に臨んでいただきたい。


以上





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
pnp
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2018/06/22
拉致議連が安倍総理など政府に申し入れ
2018/06/20
全被害者の即時一括帰国を!6/29(金)特別集会ご案内
2018/06/18
北が狙う「非核化プロセス」の罠 福井県立大学教授・島田洋一
2018/06/15
自民党が合同会議を開催
2018/06/14
家族会が安倍総理に面会後の記者会見概要

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3