救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

中朝めぐる重層的危機に備えよ 西岡力−参考情報(2017/11/16)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2017.11.16-2)

 以下は、11月14日に「産経新聞」の「正論」欄に掲載された西岡力救う会
会長の原稿です。参考情報として送ります。

 私は10月20日付本欄で、金正恩政権の核ミサイル開発が米国の安全を脅か
す水準に近づいており、トランプ大統領が軍事攻撃を決断する可能性に言及した。

 〈トランプ政権は軍事行動にあたって陸上部隊を使わない…文在寅大統領が戦
争反対に固執して韓国軍を出さないなら、韓米同盟は破綻し、米国は中国軍によ
る北朝鮮占領を許容する…南北ともに「反日親中政権」ができる〉

 本欄で11月9日付に中西輝政京都大学名誉教授が、10日付に島田洋一福井
県立大学教授が同じ危機感を表明された。

≪日米韓の離間を企てる従北勢力≫

 金正恩氏の核ミサイル開発を阻止し拉致被害者全員を取り戻すために、われわ
れが通らなければならない危機が目の前に迫っており、その後ろに朝鮮半島全体
が反日勢力の手に落ちることを米国が容認するという、もう一つの危機が重層的
に控えている。

 習近平国家主席は太平洋の西半分地域は自分のものであるかのように「太平洋
には中国と米国を受け入れる十分な空間がある」と言い放った。河野太郎外相は
直ちに反論した。わが国は中国の覇権の下で暮らすわけにはいかない。中国中心
の儒教文明圏とは異なる一国一文明というわが国の国柄が壊されるかもしれない
危機が、近くまで忍び寄ってきた。

 韓国の反共自由民主主義勢力が主導権を取り返して韓国による自由統一を実現
するという、われわれにとって最善のシナリオの可能性もなくなったわけではな
い。朴槿恵大統領弾劾と文在寅政権樹立は韓国内従北勢力が主導したものだった。
来年2月まで任期があった朴政権は「金正恩政権が核開発を放棄しなければレジー
ムチェンジを目指す」と公言していた。弾劾がなければ、「安倍(晋三)・トラ
ンプ・朴」ラインで金正恩政権を強く追い込んでいたはずだ。

 従北勢力は日米韓の離間を狙ってきた。トランプ大統領晩餐(ばんさん)会に
元慰安婦を招き、「独島」を冠したエビを出すなど信じがたい出来事もその文脈
から理解できる。韓国内で従北勢力と反共自由民主主義勢力の戦いが続いている。

≪ジレンマにあえぐ金正恩氏≫

 金正恩政権に対する軍事圧力と経済制裁は効いてきた。9月3日の核実験、9
月15日の火星12号ミサイル発射を最後にして、2カ月近く、軍事挑発がない。
相変わらず言葉での挑発は続けているが、それだけでは核ミサイル開発は進まな
い。金正恩氏は7月に火星14号ミサイルのロフテッド軌道(高高度軌道)発射
実験を2回成功させた。通常軌道での発射実験は、技術的にはいつでもできる。

 火星14号は射程1万キロで、米西海岸のロサンゼルス、サンフランシスコ、
中部のシカゴまで届く。実戦配備を完成するためには通常軌道で発射実験を成功
させる必要があるはずだが、それをしない。

 東海岸まで届く火星13号は一度も発射実験されていない。開発中の潜水艦発
射ミサイル、北極星3号の発射実験もない。7回目の核実験もない。それらを全
部成功させてはじめて米本土まで届く核ミサイル戦力は完成する(核実験は水爆
弾頭が完成したので必要ないという見方もある)。

 何もせずに時間がたてば経済制裁が効果を上げ外貨が底をつく。実験をすると
トランプ政権が軍事行動を決断する。金正恩氏は自分の身を守るためには早く米
本土まで届く核ミサイルを持ちたいが、そのためには身の危険を冒して実験を続
けなければならないという、ジレンマに陥っている。

≪「最後の決断」に拉致への怒りを≫

 米軍は世界最強の戦略爆撃機B1Bを今年21回も朝鮮半島周辺に飛来させて
いる。9月15日にグアムを狙う火星12号の発射が行われた8日後の23日深
夜には、グアムから2機のB1Bが海の休戦ラインを越えて元山沖を約2時間飛
行した。いつでも平壌の金正恩指令部をたたけるという心理戦だ。

 北朝鮮のレーダーは同機をとらえることができなかった。金正恩氏と側近らは
大きく動揺したという。軍事挑発が止まったのはこの後からだ。住民に漏れない
ように厳命したが「B1Bには60トンの兵器が積める。それで北朝鮮全域は消
滅する。核を4、5個持っていても対抗できない」という噂が拡散している。国
家保衛省が必死で捜査をしているが、噂を広げた住民は捕まっていないと聞いた。

 米国務省内から「60日間軍事挑発をしないことが対話の前提条件」という発
言が出てきた。トランプ大統領も韓国国会の演説で対話を頭から否定はしなかっ
た。金正恩氏が核開発を停止してでも命ごいをしようと考えて、すり寄ってきた
のか。私はもう少し圧力が強まらないとそこまでは行かないと判断している。事
態の推移を注視したい。

 トランプ大統領に拉致問題の深刻さを理解してもらう作業はほぼ完璧な成果を
上げた。大統領は「家族会」と会ったとき、強い怒りと深い同情を示した。彼が
最後の決断をするとき、心の底でその怒りが作用してくれることを祈っている。
(にしおか つとむ)

以上

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
pnp
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/11/16
中朝めぐる重層的危機に備えよ 西岡力−参考情報
2017/11/16
11/21(火) 東京連続集会99 ご案内
2017/11/07
トランプ米大統領と面会2−家族会
2017/11/06
トランプ米大統領と面会−家族会
2017/11/04
横田拓也氏の話に大統領は揺さぶられた

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3