救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告



◆真実を北朝鮮の同胞に伝えたいとラジオ局立上げ

西岡 金聖●さんのことは多くの方がご存じのことと思いますが、北朝鮮で軍人でした。従軍作家だったんです。お父さんは金日成大学の文学部の教授で北朝鮮で有名な学者でした。中国に逃げて、中国で北朝鮮自由化運動秘密組織を作ったそうです。その後韓国に。
 北朝鮮を変えるためには外部の真実の情報を北朝鮮に送り込むことだ、と。ところが当時韓国の金大中、盧武鉉政権時代は、韓国政府が北朝鮮に対するラジオ放送や風船ビラを飛ばすことを止めてしまった。
 そこで自分たちで放送局を作ろうと言って、脱北者が集まって、放送局を作りました。私は最初の時に行ったのですが、実は韓国も大変な時代で、何回も引っ越しをしているんです。放送局を開いたら、韓国の左翼勢力がデモをかける。「金聖●出てこい」、「殺してやるぞ」。韓国でも北朝鮮を批判しにくい。大家さんに言われて、何回も引っ越しせざるを得なかった。私が行った時は地下室でやっていました。
 朝みんなで起きて、新聞配達をしてお金を集めて、放送局を始めたんです。それでも真実を北朝鮮の同胞に伝えたいということです。半年くらいその放送局に通い、この人は本物だと思ったので、日本で自由北韓放送支援委員会を作りたいが我々は拉致運動をやっている。「あなたたちがやる放送に拉致の番組を作ってほしい」と言ったら、「やります」ということでした。
 それで、「西岡教授の拉致の話」という番組が毎週土曜日、10分から15分、ずっと流れています。金聖●と私と二人で対談形式でやっています。北朝鮮の人たちは実は、夜中に布団をかぶってこの放送を聞いています。
 脱北者者が韓国に来て、韓国政府の教育を受けて、その後社会経験で色々なところを見学するんですが、この放送局に見学に来ることもあります。その時、「あの朝鮮語が下手な日本人教授の番組を聞いていた」という人がいたんです。私の放送を聞いた人です。
 さらに北朝鮮の真実を訴えるだけではなく、北朝鮮の内部から情報がたくさん来ます。様々な情報を北朝鮮の内部から入手して我々に教えてくれます。4年前、金正日が突然死んだ時、テレビ番組がみんな金正日の葬式ばかりやっていたので、「金正日の悪行を告発する東京集会」というのをやりました。その時、メインの講師で金聖●さんに来てもらいました。
 その時彼はこう言いました。「金正恩政権はなかなか倒れません。金正日が作った独裁システムは大変よくできている。だからなかなか倒れない。しかし、すべてのことを独裁者が決めるシステムに20代、30代の若者が座った。絶対にミスを犯す。西岡先生たちはそのミスにどう付け込むかが勝負だ」というアドバイスを受けました。
 この間の展開を見ているとまさにその通りの展開になったなと思っています。そこでもう一度、平壌で始まった日朝協議が、なかなか目に見える結果が出ない中で、北朝鮮と金正恩政権はどうなっているのか、何が苦しくて日本に接近してきたのかということを考えるためにも、金正恩政権そのものが今どうなっているのかを金聖●さんに聞こうということでお呼びしました。
 金聖●さんは金正恩政権をどう評価しますか。
(●=王へんに文)

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3