救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告



■拉致と総連 工作員接線ポイント分析

◆1960年までは一般の船で密入国

惠谷 治(ジャーナリスト) 総連と拉致との関係を改めて考え直してみました。みなさんも既にご存知と思いますが、日本人拉致には総連関係者が深く関与していることが、これまでにも言われてきました。
 拉致現場についてお手元にレジュメをお配りしています。1か所不明な点はあるものの、日本人被害者のみならず、在日籍の方も含めて12か所が拉致現場です。正確には拉致被害者移送地点となった海岸です。
 田口八重子さんに関しては、北朝鮮の発表あるいは帰国者の証言を見ると宮崎で、もしそうなら原敕晁さんと同じになります。私は個人的には八重子さんは新潟から移送されたのではないかと考えています。
 この12か所については、これまでも何度も行っています。それとは別に、戦後北朝鮮の工作員が潜入・脱出したポイントがどのくらいあるか考え、報道や調書等から拾い出すと、122の事件を確認することができました。
 その内27件は1950年代から60年にかけての事件です。この頃北朝鮮はまだ工作船を持っていませんでしたから、第三国の船に工作員を乗せて通常の港湾に入港して、偽の船員手帳で上陸し、姿を消すという単純な方法でした。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3