救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告



◆金正恩の権力、軍掌握

金聖●(自由北朝鮮放送代表) 2007年4月金正恩は総政治局を最初に軍隊掌握に取り組みました。1か月前、総政治局第1副局長に任命された金正覚(キム・ジョンガク)と宣伝副局長ある韓ドングン上将が金正恩の軍隊掌握を主導していきました。
 また、金正恩は2003年から保衛司令官として仕事をしてきた金元弘(キム・ウォンホン)を呼び入れていつも連れて歩きました。金元弘から軍部の資質と性格、特に内部の不正を具体的に聞きました。
 そのため金正恩の前で軍部は、これ以上だますことも、新たに表面を取り繕うこともできませんでした。金正恩が軍事総合大学特設班の時期に講義に出た縁で当時、国防委員会政策室長の金英哲もここに呼ばれました。
 お父さん世代の金正覚とおじいさん世代の韓ドングンなどから上司として仕えられ金正恩は権力の力を実感しました。常に世代が変わる時はそうであるように、金正覚と金元弘、金英哲などは金正恩後継時代がうまく開幕するならば、自分たちが次に時代の権力中心に近付けると計算をしていました。
(●=王へんに文)

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3