救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告



◆最初の失敗は「光明星3号」発射

金聖●(自由北朝鮮放送代表) 以上のように長々と金正恩を紹介したのは、彼の経歴どこを見ても北朝鮮の最高指導者になる資質も、能力も、経験もないということを強調するためです。
 このような彼が北朝鮮の最高統治者になったことは、金正恩が金日成の孫で金正日の息子であるという1つだけの理由のためです。
 黄長▲・前朝鮮労働党書記は、金正日の後継者問題が議論されていた時期、「北朝鮮の独裁システムがあまりにも良く機能するので、十才の子どもを後継者に就けても全く問題がない」と話したことがあります。▲=火へんに華
 そのように北朝鮮の最高統治者になった金正恩は、国政運営経験不在などで失敗に失敗を繰り返します。最高権力者になった金正恩が犯した最初の失敗は、2012年4月13日いわゆる「人工衛星」だと宣伝された「光明星3号」発射でした。
 粗雑な技術で失敗してしまった。これに対し意地を張るようにその年12月12日「光明星3号2号機」を発射しました。「光明星3号2号機」は、軌道に乗ることは乗りましが、もともと宇宙での活動を念頭に置かなかった「にせ物衛星」で、今は宇宙の孤児となっています。
 「光明星3号2号機」というにせ物衛星より、それを軌道にのせた「銀河3号」という運搬体、すなわち長距離ミサイルの性能改善が発射の基本目的でした。
 長距離ミサイルの性能が「改善」されたと確認した金正恩は翌年2013年2月12日、呪いの第3回核試験を強行しました。そして米国と日本だけでなく中国を含む国際社会から隔離、排撃、制裁を受け苦い目に遭っている最中です。
(●=王へんに文)


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3