救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告



◆【レジュメ】核ミサイル技術の流出

・朝鮮労働党九九号中央指導小組の責任指導員、金秀幸氏の証言(アエラ1998.10.05)金氏が日本企業から不正輸入したミサイル関係製品
慣性誘導関係製品、弾頭を運ぶロケットの推進装置ないしはその部品、ミサイルに使う特殊燃料、ミサイルの機体の材料の特殊合金のためのレーザー溶接機、開発用の各種のコンピューターや電子関係製品
1.日本メーカーと中国企業の合弁会社が親会社にあたる日本メーカーから輸入し、
2.それを合弁企業が中国の国営企業などに売り、
3.そこから北朝鮮に輸出される、という書類操作を行う。
製品そのものは、
1.日本からいったん上海、天津港の保税倉庫(輸入手続きがなされていない貨物の倉庫)に納められ、その後、仕向け地を中国から北朝鮮に変えるという書類上の処理
金氏は複数の日本人技術者も北朝鮮に送り込んだ
・在日本朝鮮人科学技術協会(科協)所属の在日朝鮮人技術者が核ミサイル開発に協力。科協は大学や企業の研究者や医師ら約1200人で組織、朝鮮労働党の工作機関「対外連絡部」の直轄下にある。2005年10月、警視庁が薬事法違反容疑で科協の副会長2人(玄丞培、鄭明洙)を逮捕した際の家宅捜索で、陸上自衛隊の地対空ミサイル(SAM)の資料が防衛庁から科協に流出していたことが判明

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3