救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告



◆現在の朝鮮総連を取り締まる新法を作れ

西岡 これは東京集会でもう1回やりたいと思います。日本社会がおかしい。日本の中に朝鮮総連があり、核・ミサイル開発の技術を出し、韓国の安全を脅かす活動がある。一方で、集団的自衛権が大切だと言って、朝鮮戦争になったら何ができるかと必死で議論している。その一方で北朝鮮の基地がある。
 もちろん自由民主国家ですから、在日朝鮮人の人たちが自分の立場を守る活動は許さなければならない。先ほど高先生がおっしゃった通りです。しかし、国連から、「人道に対する罪」を犯していると言われ、核・ミサイル開発で制裁を受け、日本人の他世界12か国から拉致をして返さない国の前進基地が合法的に日本の中にあり、様々な工作をしていることが許されている。
 やっと厳格な法執行の対象になった。しかし、まだできないことがあるなら、現在の法律による厳格な法執行で限界があるなら、当たり前の国になるためにも、新法を作る必要があるのではないかということが、我々が今日発表したことです。
島田 ありがとうございました(拍手)。引き続き、第3部「日朝拉致協議をどう打開するか」というテーマで、各党の拉致問題担当の先生方に議論していただきたいと思います。

西岡 まず、古屋圭司・自民党拉致問題対策本部長にお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3