救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

国際セミナー「日朝拉致協議をどう打開するか」報告



◆二番目の失敗は張成沢処刑

金聖●(自由北朝鮮放送代表) 権力の座に座った金正恩の二番目の失敗は張成沢(チャン・ソンテク)処刑です。金正日から最高権力を相続した若輩金正恩は、自らの体制確立を助けた叔母の夫張成沢を処刑することで人間としての良心と道徳を投げ捨ててしまいました。
 金正恩の指示によって北朝鮮の労働新聞は12月9日1面で張成沢逮捕のニュースを伝えました。新聞は張成沢が粛清された理由について「最近党の中に潜んでいた偶然分子、異色分子が主体革命偉業継承の重大な歴史的時期に党の唯一的領導を去勢しようとして分派策動により自分たちの勢力を拡張してあえて党に挑戦して立ち向かう危険千万な反党、反革命的分派事件が発生した」と明らかにしました。
 以後12月13日付新聞は、「12日張成沢を処刑した」明らかにして、2面に裁判を受ける張成沢の姿が入れられた写真も掲載しました。また、新聞は張成沢が処刑された核心理由が「軍隊を動員した軍事政変を試みた」と明らかにしました。
 あまりに迅速にそして虚しく終わってしまった張成沢処刑事件を見て、北朝鮮住民たちは「このように血も涙もなく冷酷なのが人間のすることなのか」といって金正恩を非難しました。幹部は幹部で、金正恩とともに歩む自身の未来を恐れて金正恩との間に見えない心の壁を積み上げました。
 一方、国際社会は金正恩といえば、「性情が短気で冷酷で暴悪なのが明らかだ」という評を下しました。
 張成沢処刑を前後して金正恩は気に入らない人々を容赦なく処罰、処刑した。そこには総参謀長李永吉(リ・ヨンギル)、人民武力部副部長金チョル、人民武力部長玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)、崔龍海(チェ・リョンヘ)など100人余りが入っています。
(●=王へんに文)

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3