救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「特別調査委員会」1年全拉致被害者を取り戻す緊急国民集会全記録



 家族会・救う会・拉致議連は、平成27年7月22日、東京・星陵会館で緊急国民集会を開催した。集会には家族会・救う会・拉致議連の他、山谷えり子・拉致問題担当大臣、各党の拉致問題担当組織の代表も参加した。拉致議連の国会議員20数名、各地の都議会、県議会議員も20数名参加した。
 北朝鮮が「特別調査委員会」なるものを立ち上げ、日本が制裁を一部解除してから1年以上が過ぎた。この時点で北朝鮮は「今しばらく時間がかかる」などと通報してきた。全員一括帰国が実現しないことに強い怒りを覚える。
 そもそも拉致被害者については調査など必要ない。金正恩が全員帰すと決断すればよいことだ。安倍総理は拉致問題が解決しなければ北朝鮮に未来がないと発言しているし、自民党は追加制裁メニューを作った。
 現在の交渉枠組みで解決の目途があるのか、より強い圧力をいつかけるのか、厳しく問わなければならない。全被害者の一括帰国を実現するために緊急国民集会を開催した。
 冒頭各党代表からは、北朝鮮に対し厳しい制裁を発動すべき、また外務省中心の交渉の仕組みを変えるべきとの意見等が表明された。概要以下の通り。(随時更新中)

◆開会の挨拶

◆あくまでも北に対して強い態度で対応を

◆悲しみと憤りを感じる拉致問題

◆本当にこんな交渉でいいのか

◆具体的な行動を引き出すために、ありとあらゆることをやる

◆わが国に足りないものは、他の国は当たり前に備えている軍事力

◆時間を浪費して風化させようという北朝鮮の戦略に制裁案13項目

◆ちゃぶ台をひっくり返せ ストックホルム合意は破棄すべき

◆交渉のあり方を抜本的に見直すべき時、効果的な制裁も

◆明日にでも制裁強化を、日朝協議は止めて、安倍総理直轄の拉致被害者救出チームを

◆外務省のルートが切れるのを怖がるな、他のルートが必ずできる

◆譲らない姿勢を続けよ

◆上田清司・知事の会会長メッセージ

◆ストックホルム合意は白紙に、平壌宣言も白紙に

◆参加国会議員、地方議員紹介

◆最高度の制裁をかけることについて期限を切る時期が近付いているのではないか

◆8月に墓参させ、テレビカメラの前に残留日本人や日本人妻が出てくる可能性も

◆最高度の制裁をかけることについて期限を切る時期が近付いているのではないか

◆早く顔を見たい

◆やってきた色々な苦労の一つ一つが、みんな無駄でなかった

◆外国人拉致は戦争行為をしかけられている状態

◆よど号犯の引き渡しから交渉を

◆安保法制論議では拉致の「ら」の字もなかった

◆拉致被害者家族はいつも重たいものを背にしている

◆家族の思いと政府の考えは乖離している

◆各党代表の話に元気をもらった

◆日本国政府として被害者を取り戻す、そういう気持ちを持って交渉を

◆自衛隊を派遣できる法律が一番

◆参加者の8割くらいが若い人ということが心強い

◆特定失踪者の家族は自分たちの番が回ってくるんだろうかと危惧している

◆1975年に安保法制が整備されていたら拉致問題はなかった

◆普通の民主主義の国とは違う日本

◆決議文採択

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3