救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「特別調査委員会」1年全拉致被害者を取り戻す緊急国民集会全記録



◆明日にでも制裁強化を、日朝協議は止めて、安倍総理直轄の拉致被害者救出チームを


中山恭子(次世代の党拉致問題対策本部長、元拉致問題担当大臣、参議院議員) 今日、お暑い中、このように多くの皆様が会にご参加くださって本当にありがたいことと存じています。
 また今日は拉致議連を開きましたが、横田さんご夫妻が来れなくなって大丈夫だったでしょうか。本当にこの一時、一時が非常に大切な時に来ていると感じています。
 また、櫻井よしこさんがいつもの通り私たちを導いてくださっています。本当に心から感謝申し上げます。
 今日、多くの皆様が心配していらっしゃる通り、ストックホルム合意が昨年5月29日に合意したという話しをうかがって、この合意の文書を読んだ時、暗澹たるきもちになりました。
 この合意では、拉致被害者が帰国するということについて一言も触れられておりません。この合意は日朝国交正常化のための合意であって、その中に拉致問題も含められているという合意でした。決して拉致被害者が帰ってくるための合意ではありません。
 そのことを感じ取った時、これで政府は動くんだろうか、拉致問題について真剣に被害者を帰国させようという気持ちがないんだろうかとがっかりし、恐れおののいたのが昨年の5月末でした。
 その状態がそのまま今も続いています。これはもう当然の結果であるとはっきり言えます。その中で、私自身が決してあきらめているわけではありません。古屋先生からお話があったような規制措置をもう一度かける。さらに強化する。これは当然のこととして、今直ちに、明日にでももう一度かけ直すべきです。条件付きの必要はまったくありません。直ちに制裁措置を強化する。そして法執行を厳格に行う。これは政府として当然やっていただきたいということです。
 今日は拉致議連が開かれて、その中でも色んな議論がありました。平沼会長は、ずっと家族の側に寄り添って、家族の立場を守って動いてくださっています。私自身はその動きを見ながら、決して希望がないわけではない、と。
 今日は皆様に、今、この時が拉致被害者救出のための時だ。この時をはずしてはならない。今、この時に拉致被害者救出のための動きを直ちに始めれば、必ず取り戻せる。今がその時だと感じています(拍手)。
 決して今、暗い時期ではありません。今日この日を皮切りに、拉致被害者救出の動きが出てくると考えています。ありがたいことに、安倍信三というこの人物が総理大臣です。私たちは安倍総理を信じています。安倍総理がいらっしゃるこの時期だからこそ、こういう状況が分かったこの時期だからこそ拉致被害者救出に向けて、明確な、明解な動きがとれると見ています。
 今の日朝協議は、これを続ける限り被害者は帰国することができません。この協議の場は閉じなければならないんです。北朝鮮の側に立って見てください。今のような形で日朝協議が行われている限り、北朝鮮にとっては、すべてがうまくいっているということなんです。
 北朝鮮の中で、この日朝協議を担当している人を北朝鮮自らが外して他の協議をやろうということは考えませんよね。うまくいっているんですから。制裁措置も解除させた。このままでは、北朝鮮が次の違う形での協議をしようという思いには至りません。
 ということは、この協議の場は閉じなければならない。交渉の場が閉じられては困るではないかと思われる方がいらっしゃるかもしれません。でも決してそうではありません。このルートを閉じない限り、拉致問題について協議を行う、交渉を行う場がでてこないんです。
 ですから今の協議の場は一旦閉じて、日朝国交正常化はもうちょっと待ってもらって、その前に、拉致被害者救出のための活動をしなければいけません。今、安倍総理でいらっしゃる限り、できると考えています。
 私は安倍総理を信じています。今年2月、参議院の代表質問で、「総理は拉致被害者救出の熱意を失われたのか」とお聞きしました。総理は、「その熱意はいささかも失っていない。これまで通り何としても被害者を救出する。その決意である」とはっきりと述べていらっしゃいました。
 またその後の動きを見ても、安倍総理は、何としても被害者を帰国させたいと真剣に思っていらっしゃる。私たちはそれを信じています。ということであれば、一旦この協議の場を閉じて怖くありませんから、安倍総理直轄の拉致被害者救出に的を絞った交渉グループ、チームを作っていただきたい。安倍総理が直接指揮をとってもらいたい。これしか拉致被害者救出の道はないかもしれない。
 もちろん、みんなで安倍総理を応援する。そして安倍総理はお忙しいでしょうから大変かと思いますが、直接の指揮をとっていただいて、そしてご自身の側近やこの問題に関心の強い方、情報組織をフル回転させて拉致被害者救出のために、一定の時期をそこに集中してかけていただきたい。今がその時だと思っています。
 そのことを是非総理もご理解いただけると思っていますし、場合によっては総理は既にその動きを始めていらっしゃるかもしれない。私はそれを期待しています。必ず安倍総理の動きの中で、安倍信三という方が総理でいらっしゃる間に、被害者を日本に連れ戻すことが可能になると考えています。
 従って私は、去年の5月は、もう本当にどうしたらいいだろうかと暗澹たる気持ちでしたけれども、今はそんなことはありません。ある意味では希望を持って、この拉致問題の先に必ず光があると思って活動を続けています。
 どうぞ皆様必ず取り戻す。お一人、お一人がその気持ちを強く持っていただきたい。それが被害者が帰ってくることにつながるはずです。どうぞ皆様心から宜しくお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。
櫻井よしこ 中山さん、本当にありがとうございました。去年のストックホルム合意の直後に開かれたこの集会で、中山さんは、「これでは一人も取り返すことができない」とおっしゃったことを今も思い出します。
 さて次に、日本を元気にする会拉致問題対策本部長、参議院議員の井上義行さんにお願いいたします。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3