救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「特別調査委員会」1年全拉致被害者を取り戻す緊急国民集会全記録



◆外務省のルートが切れるのを怖がるな、他のルートが必ずできる


井上義行(日本を元気にする会拉致問題対策本部長、参議院議員) 昨年の今ぐらいの時期ですが、外務省の担当者の言葉を思い出します。私がこのストックホルムの合意では拉致被害者は帰ってこないんじゃないかと言いました。敢えて職名と名前は伏せておきたいと思いますが、やはり拉致被害者の帰国というのは、すべては結果だと私が言った時、「当然結果です」と言っていました。
 しかし、1年経ってその結果は出てこなかった。やはり中山先生が言っていたように、このストックホルムの合意というのを廃棄しなければ私は戻ってこないと考えています(拍手)。国民大集会でもそう言いました。
 今、総理も非常に迷っていると思います。安倍総理はこれまで、皆さんも記憶にあると思いますが、(5人の)拉致被害者が帰ってきた時子どもたちが離れ離れになりました。その時、拉致被害者を留めておけば(北朝鮮の)ミスターXと(外務省)田中均局長のラインが切れる。大激論がありました。
 あの時に安倍総理は、「日本に留めるべきだ。ルートがなくなっても、必ず新しいルートはできる」ということで小泉総理が決断し、拉致被害者が日本に止まることになったんです。
 そして安倍総理は私を北朝鮮に送り、拉致被害者の子どもたちを奪還することができた。だから外務省のルートが切れても、他のルートが必ずできるんです。これを怖がっては、私は先に進まないと思います。
 今北朝鮮でどういうことが言われているかと言えば、このストックホルムの交渉者は北朝鮮で非常に高い評価を受けています。そして、なぜか安倍総理が悪口を言われている。安倍総理だけが踏ん張っている、と。逆に言えば、安倍総理だけが拉致被害者にこだわっているということなんです(拍手)。そこを我々は忘れてはならない。
 私も総理と話をしました。「総理、このまま(国交)正常化が進むことはありませんね」。それに対して安倍総理は、「俺が総理大臣である限り、拉致被害者が帰ってこない限り、正常化交渉は進まないよ」とはっきり言っていました。
 だからこそ、今、安倍総理が総理大臣でいる間に拉致被害者が帰ってこなければ、一歩も正常化交渉に入れないんですから、ここは安倍総理が、新国立競技場と同じようにゼロベースで見直しをしていただき、そして新たな拉致の交渉に入っていく必要があるのではないか。この重要な局面にきていると思っています。
 そのためには、先ほど古屋先生からも話がありましたが、政府・与野党の協議会でその旨総理に直談判したいと思っています。
 大切なことは、先ほども話があったように、我々は文書をもらうことが目的ではありません。交渉をすることが目的ではありません。すべての拉致被害者が帰国し、家族と抱き合うことが我々の目的なんです(拍手)。是非そのために皆さんと一緒に戦っていきましょう。宜しくお願いいたします(拍手)。
櫻井よしこ
 井上さんありがとうございました。次に、維新の党の拉致問題対策本部長、小野次郎さんお願いいたします

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3