救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「特別調査委員会」1年全拉致被害者を取り戻す緊急国民集会全記録



◆日本国政府として被害者を取り戻す、そういう気持ちを持って交渉を



松木信宏(松木薫さん弟)
 皆様こんばんは。私はあまり強いことを言う柄ではないので、やさしい物言いになるかと思います。ストックホルムの合意から1年経ちました。結果はこの通りです。たくさん批判されて然るべきだろうと思います。
 しかし、ミスはミスとして終わらせてほしいと思います。これから先、合意をしたからといって、そのままやらなければいけないのではない筈です。合意を破棄するというのは極論になるんでしょうが、それを修正していく方法もあるかと思います。
 家族としては、主眼は何かと言えば、被害者を取り戻すことです。被害者が無事に帰ってくることです。政府としては、それを主眼としてどうすればいいか考えていただければ、結果はおのずから分かるはずです。それがだらだら続くというのは、色々な原因があるかと思います。
 例えば省庁の縦割り。対策本部と外務省、そういうことも色々あるかと思います。対策本部は家族に寄り添ってやってくださっていると思います。外務省の方も、きっと心のどこかには、被害者を取り戻すことができたらいいなあと思っていらっしゃるはずです。
 省庁のプライドもあると思います。対策本部は、俺たちが家族を守ってるんだぞというプライドを持っていらっしゃると思います。そういうそれぞれのプライドをまず上に置いて、何が一番被害者を取り戻せるのか。折れるところ折れる。一緒にやるべきところはやる。そういうことをやっていただきたいと思います。
 外務省の方々も、きっと一生懸命取り返したいなという気持ちは持ってるんだと思います。今からでも、どういう姿が家族に見えるような結果を出していただきたいと思います。
 今、国際社会の方が北朝鮮に圧力を加えている状況です。私たちは日本国政府に被害者の救出をお願いしています。国際社会が大事だということは、重々承知しています。私も、そこにいらっしゃる白先生と一緒にジュネーブに行きました。
 ただ、国際社会に甘えることなく、日本国政府として被害者を取り戻す、そういう気持ちを持って交渉をしていただきたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします(拍手)。



  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3