救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「特別調査委員会」1年全拉致被害者を取り戻す緊急国民集会全記録



◆各党代表の話に元気をもらった



斉藤文代(松木薫さん姉)
 みなさんこんばんは。皆様にいつもたくさん集まっていただいてありがとうございます。この問題が解決しないことに、私も心を痛めながら熊本から上京してくるんです。今日は何かいいことないかなあとか思って来るんですが、なかなかそういう話はありません。
 今日は一つ元気をもらいました。今日は先生方がたくさんお話をしてくださいまして、先生たちもいっぱい頑張ってくれているんだ、私が思っていたのは間違いないなあと思いました。先生方には、家族が一日でも早く帰ってこられる活動を私は期待しています。
 いつも誰に頼っていいのかと思うんですが、今日は先生方のお話は一人一人が本当に頑張っていらっしゃると思いました。私は少し病気をしていますが、絶対に解決するまでは、薫と会わなければ死ねないなあという気持ちでしたが、今日は元気をもらいました。これからもできることは付いていって、声を上げたいと思います。
 皆様方にも、これから大変なことがあるかもしれませんが、力を貸してください。皆様のお力がなければ私たちもどうしていいか分かりません。家では薫のことを思い出して時に泣いています。それしかできないんです。なんとか帰ってこれないものだろうか、何をしているんだろうかねえと、ご飯を食べていても思うんです。
 みんなが元気で帰国できるまでは力を貸していただきたいと思っています。ご協力宜しくお願いいたします。ありがとうございます(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3