救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「特別調査委員会」1年全拉致被害者を取り戻す緊急国民集会全記録



◆家族の思いと政府の考えは乖離している



増元照明(増元るみ子さん弟)
 みなさんこんばんは。本日はありがとうございます。
 私は、外務省の説明を先日うかがって、もう何も言うことはなかったんですが、また頭に来たので言いまくったんです。だめですね。先ほどから何回も言われていますが、この交渉は一旦打ち切るべきだと思います。
 家族の思いと政府の思いは乖離しています。我々の一日一日の重さを政府は考えてくれてないんでしょう。だから悠長に、北朝鮮がこれから少し時間がかかると言ったことを容認するんじゃないですか。
 私たちは、一日一日を悠長には過ごしておれないんです。母は入退院を繰り返して、本当にいつ倒れてもおかしくない状況です。そういう中で、こんなことが続くこと自体が腹立たしいんです。
 家族の思いと政府の考えは、乖離しています。私たちの思いを本当に理解していただくためには、国民の皆さんの声が必要です。
 先ほど、拓也君も言っていましたが、国内でできる問題なんだから総連ビルをつぶせばいいじゃないですか(拍手)。国内でできる問題なんです。
 しかも、日朝協議の中で、北朝鮮がしているのは朝鮮人の温存です。北朝鮮が嫌がることをやるのが日本の手法じゃないんですか。そして国の力、意思じゃないんですか。これをます先にやりましょうよ。そして北朝鮮に本気の日本を見せましょうよ。そうでない限り、すべての日本人を取り戻すことはできません。

 国民の皆さん、声を上げてください。お願いします(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3