救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「特別調査委員会」1年全拉致被害者を取り戻す緊急国民集会全記録



櫻井よしこ ここでご家族の皆様方に壇上に上がっていただきます。
 私たちは、ご家族の皆様方の気持ちを、繰り返しうかがってきましたが、どんな時もその言葉に本当に深い思いが込められていると思います。聞くのもつらいような気がしますが、ご家族の皆様方の声を聞いて、その思いをもう1回受け止めて、拉致解決のための力の源泉にしたいと思います。横田さんから宜しくお願いいたします。

◆早く顔を見たい


横田 滋(横田めぐみさん父、家族会前代表)
 国会議員の皆様や官庁の皆様のお話を聞きますと、大変熱心にやっておられることはよく分かります。我々としては、早く被害者の顔を見たいのです。交渉組織の問題なども議論されましたが、我々には権限はありませんが、関心を持って見ています。
 何月ごろとか年末という話もありました。昨年も動くのではないかという話がありましたが、夏が秋になっても、年末になっても動きはありませんでした。しかし、中国で何回も交渉はしているわけです。しかし終わってみたら何の進展もなかったということでした。
 やはり、期限を切るとか、もっと強く出ないといけないと思います。被害者の親の世代は、(妻の)早紀江が一番若くて79歳、次に私が82歳です。しかも親が二人そろっているという家族もあまりいなくなりました。だから、早くやらないと、せっかく帰ってきたのに親族は誰もいないということにもなりますので、できる限り短い期限で向こうを納得させる、これをしていただきたいと思っています(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3