救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「特別調査委員会」1年全拉致被害者を取り戻す緊急国民集会全記録



◆安保法制論議では拉致の「ら」の字もなかった



松本 孟(松本京子さん兄)
 安保法制が衆議院を通過しましたが、私はずっとテレビ中継を見ていました。しかし、拉致問題の「ら」の字をいっぺんも聞いたことがありません。一人ぐらいはおっしゃるのかなと思っていました。本当に残念です。誰一人、拉致の「ら」の字も言いませんでした。
 それどころか、重箱の隅をつつくような話ばかりで、本当に情ない。こんな国会議員はいりません(拍手)。北朝鮮なり中国なりに行ってください。何のための国会議員ですか。日本の大事な同胞を取られて、知らない顔をして重箱の隅をつついてまわる。こんな国会議員いりませんよ。
 とにかく自民党が困るように、困るようにする。なぜそこまでしなければいけないのか。自分たちにも家族があるでしょう。子どももいるでしょう。どう思われますか。恥ずかしくないんですか。私は今日、言いたいことだけを言わせてもらいます。
 ちょっとくらいまともな人がいるかと思ったら、一人もいない。これなら選挙でなくじゃんけんで決めてもいい。
 被害者家族は、皆さん方に、「お願いします」くらいしか言えないはずです。先だってある所で非常に怒られました。「松本さん、あんた黙ってないで北朝鮮にもっとどんどん言いなさい。遠慮することなんかない。どんどん大きな声でいいなさい。早く返せとなぜ言わないんですか」と。
 もっと真剣に怒ってやってください。日本人は黙っているからこれでいいんだなということになってしまいます。皆さんは家族がいて、幸せに暮らしておられる。それはそれでいいんですが、私たちは家族が長い間北朝鮮に捕われて、本当に家族は明日をも知れぬような思いで暮らしているんです。ですからせめて、大きな声で北朝鮮に、「返せ」と言ってやってください。お願いします(拍手)。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3