救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「特別調査委員会」1年全拉致被害者を取り戻す緊急国民集会全記録



◆交渉のあり方を抜本的に見直すべき時、効果的な制裁も

上田勇(公明党拉致問題対策委員長、衆議院議員)
 1年余りが経って、明らかな進展が何もない。本当に北朝鮮の不誠実な対応には怒りという言葉しか感じられません。そしてまた、家族会の皆様、関係者の皆様の心情、本当にいかばかりのものかとご推察申し上げます。
 安倍総理も、山谷大臣も、問題解決に本当に真剣に取り組んで、今全身全霊をこめて対応していただいていると、私は信頼をしています。でも、これまでの交渉のあり方は、1年経って抜本的に見直していかなければならない時に来ている。
 私たちは、議会にあっては、国会も党派を超えてこの問題の解決が最優先の課題なんだと強いメッセージをさらに発信をしていかなければならないと思っております。同時に、やはり圧力がなければこの問題は進まない。制裁措置も昨年解除したものをもう一度復活させることは当然のこととして、どうやったら効果のある、さらなる制裁をしていけるのか、十分国会の中でも議論をして対応していかなければならないと考えています。
 もちろん、山谷大臣が、今国連を初めとして世界各国に協力を呼びかけています。やはり世界の包囲網もなければ制裁措置の効果も上がってこない。そういう意味では、国際的な協力も山谷大臣にさらに進めてもらわなければならないと思っています。
 1年余りが経って、こうした状況になっていることは、本当に残念なことであり、申し訳ないことでありますが、もっと具体的な成果、前進が見られるように、政府もそして各政党も一致協力をして問題解決に向けて全力で取り組んでいきたいと決意しています。
 今日、お忙しい中、こんなに多くの方々がお集まりをいただきました。これが国民の怒りだと、そのメッセージが北朝鮮にしっかりと伝わるように私たちもまた努力をしていきます。
 問題解決に向け、全力で取り組んでいきますので、これからも一層のご支援をいただけますように宜しくお願いいたします。今日は大変ご苦労様です。ありがとういございました(拍手)。
櫻井よしこ
 上田さんありがとうございました。次に次世代の党の拉致問題対策本部長、中山恭子さんにお願いいたします(拍手)。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3