救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「横田めぐみさん拉致事件検証−東京連続集会76」全記録



平成25年11月28日に開催された東京連続集会76 の模様を文字化したものです。テーマは、「横田めぐみさん拉致事件検証」で、西岡力救う会会長とジャーナリストの惠谷 治さんが報告し、横田ご夫妻にもコメントしていただきました。


◆「おかしい」という声を瞬時にあげられたので

◆「全員を助ける」という課題

◆分からない人も助ける方法

◆情報を取って備える

◆手口の研究も必要

◆拉致の3類型

◆北朝鮮はめぐみさん拉致を第1号とし拉致を縮小化

◆無線機を目撃できないほどの暗さ

◆30分前に女子高校生がつけられていた

◆犯人はコリアンの顔付き

◆ズック靴を履くと足音がしない

◆空き地に潜む

◆車で運んだのではなく工作員がかついだ

◆悲鳴が聞こえた

◆船のエンジンをかけてバーンという音がした

◆1か月前の松本京子さん事件と似ている

◆目撃され殴ったのに拉致しなかった

◆「若い女性を連れてこい」と指示

◆アベックを拉致する時は引き離すためゴムボート2隻

◆拉致した女性を工作員にする計画が

◆車は使っていない

◆すざまじい爆発音は船のエンジン音

◆波が荒いくても拉致する訓練

◆電波情報があったのも共通点

◆12/13特別セミナーに金東植氏

◆お金をあげますから返してくださいというわけにはいかない

◆拉致協力者の逮捕を

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3