救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「横田めぐみさん拉致事件検証−東京連続集会76」全記録



◆車で運んだのではなく工作員がかついだ

惠谷 地図でもう一度ご説明しますと、高校生とすれ違ったあと空き地を通って、×印のところでめぐみちゃんへの警察犬の追跡が止まっています。それからは推測ですが、工作員の心理から考えると、当然人目につかないところを通るだろう。
 めぐみさんの拉致現場からまっすぐ海に行けば、空き地があってそこに車が止まっていた。アベックのメッカ、恋を語る場所で、最初に行った時は、ここではゴムボートその他、上陸ポイントには向いてないと思い、車で×印の所から連れ去られたのではないかという記事も書いています。
 しかし、冷静に考えると、工作員がかついで走り去ることは朝飯前のことでなんです。そして、まっすぐ行くと×印から海岸まで350mです。人気のない林を行くと500mで、150m違いがありますが、工作員の心理として人目につかない道を通るでしょう。あるいは別の海岸に近い松林を通った可能性もありますが分かりません。
 当初は×印のところに車が来て、めぐみさんを車に乗せたと考えていましたが、たった350mあるいは500mの海沿いの所で拉致しているということは、車を使う必要はないし、車を使うことによって検問、目撃、ナンバープレートなどのリスクが高まります。わざわざ海岸の近くで拉致をするということは、海岸にゴムボートを着けて脱出する。これは他の拉致現場も全く同じです。
 私は、警察犬が×印の所でストップしたことで、15年前、そこに車が来たのではないかと考えていましたが、今は、その他の工作員の情報も重ね合わせると、めぐみちゃんはかつがれたと考えています。かつがれた後、ルートは分かりませんが、上の浜(侵入場所)に連れていかれたのではないかと思います。
 もう一つ。高校生が、この空き地に白い車が止まっていた、あるいは寄居中学の校庭の上で白い車が止まっていたという証言があります。ですから私は、その白い車がめぐみちゃんを載せていったという記事を書いたことがあります。しかし、仮に車を使うなら、わざわざ白い車を選ぶわけがありません。黒い車です。西岡さんと現場を歩いて出た結論は、めぐみさんは、「若い娘を拉致せよ」という指令のもとに、戦闘員と工作員が×印の所で拉致した後、かついて海岸まで逃げたと考えています。
 あとで松本京子さんのケースもお話しますが、非常によく似ています。

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■