救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

非主体的農業で北朝鮮の食糧は常に不足



はじめに


国連機関であるFAO(国連食糧農業機関)とWFP(世界食糧計画)が2012年11月12日、「北朝鮮の穀物および食糧安全保障調査団特別報告」を発表した。国連機関は1995年以降、毎年同報告を続けてきたが、非常に疑問が多い報告である。

以下報告年度毎に「レポート(年度)」と表記。各年度の報告書(英文)は文末「資料」にアドレス掲載。

本文では、まず、FAOとWFPの各年度の「特別報告」に基づき、各国政府や専門家等が、近年の北朝鮮の食糧生産が安定してきたと報告していること、それにも関わらず、食料不足の悲鳴が聞こえてくることについて報告する。

次に、食糧問題は一人当たりの生産量を見極めることが重要であるが、そのためには正確な人口調査が必要である。2008年に国連人口基金(UNFPA)が一部関わった人口調査(「2008年調査」)の疑惑について報告する。

以上を踏まえた上で、北朝鮮で主要な食糧となっている米とメイズ(飼料用トウモロコシ)を主に取り上げ、北朝鮮の食糧生産量は「主体農業」という非主体的農業により、また金氏政権を延命させるためだけの軍事優先政策、核・ミサイル開発により常に不足してきたこと、人民が飢えさせられてきたことを分析する。

また、国連機関の食糧報告は、北朝鮮の水増し報告を微調整したものに過ぎず、真実の報告とはなっていないこと、さらに、国連機関の国際支援のありかたについて問題提起する。


目次


※ 北朝鮮食糧問題最新事情(2015.03.26)

はじめに

機ァ嵋鳴鮮の食糧事情は安定」報告と北朝鮮から伝わる多くの悲鳴
 1.北朝鮮の食糧事情は安定したのか
 2.不足しているから聞こえてくる悲鳴

供ス駭機関の報告は約300万人水増し−北朝鮮の人口
 1.「2008年人口調査」は虚偽調査
 2.おかしな報告の数々−北朝鮮人口調査
 3.人口は300万人水増し

掘ス駭機関の報告は水増し−北朝鮮の食糧生産
 1.米は10a当たり180kg程度
 2.メイズは約100万トン水増し
 3.国連機関の報告は毎回基準が異なる
 4.飢餓を無視して核・ミサイルを開発

検タ總し統計を発表し続ける理由
 1.個人独裁の責任が問われる
 2.人口の水増しで国際支援を訴え
 3.国連による食糧支援の問題点
 4.独裁国家への「人道支援」は非人道
 5.米よりご飯を(配給のモニターより消費のモニターを)
 6.国連は家族農業を認めない国家には人道支援を行うな

資料: FAO/WFP「北朝鮮の穀物および食糧安全保障調査団特別報告」
 1995年〜2012年(英文)
資料: FAO/WFP北朝鮮食糧事情合同調査報告書2013
資料: FAO/WFP北朝鮮食糧事情合同調査報告書2014と2015
資料: FAO/WFP北朝鮮食糧事情合同調査報告書2016
資料: FAO/WFP北朝鮮食糧事情合同調査報告書2017
  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3