救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「寺越事件50年、今何をすべきか 東京特別集会」全記録



 1963(昭和38)年5月11日に石川県で起こった寺越事件は、今年で5
0年。寺越昭二さん、外雄さん、武志さんが沿岸で漁船操業中に北朝鮮工作船に
拉致された。北朝鮮工作船は領海に侵入し、漁船に衝突しながら未だに「救助」
と開き直ったまま。昭二さんは現場で射殺された可能性が高い。寺越事件の真相
はまだ究明されていない。今、何ができるのかなどを改めて考えました。

 寺越昭二さんの息子3人(寺越昭男さん、北野政男さん、内田美津夫さん)の
他、家族会の増元照明事務局長、救う会石川の大口英夫氏、外雄さんの子弟の戸
籍問題に取り組む救う会兵庫の長瀬猛氏が参加。西岡力会長が解説。在京家族会
も参加した。

■寺越事件の解決なくして拉致問題の解決なし

◆現在の法律では拉致され亡くなった方は認定の対象にならないが

◆真相究明の対象として担当大臣が認めた

◆石川県で寺越事件50年の集会を

◆弟外雄さんを支援してきた文雄さん

◆「よく生きて帰ってきたね」嶋崎譲元社会党代議士

■寺越文雄さん発言要旨(2010年録画ビデオから)

◆安倍総理が言う「強い日本」であったなら

◆「寺越事件」となったのは、手紙が来た87年からだった

◆事件の4年前北朝鮮からの密航者を逮捕、これが大きく報道されていれば

◆父昭二さんの思い出

◆外雄叔父さんの思い出

◆墓に骨はなく、誕生日は間違っていた

◆15年前の半年間、寺越友枝さんは「武志は拉致」と運動

◆日本人父母の子は日本人

◆もう少し突っ込んだ調査を

◆寺越事件の4年前にも北工作員を逮捕

◆寺越家5人の男兄弟の内3人が北朝鮮で死亡か

◆寺越武志さんの大変重い訪日、案内人付き

◆社会党の嶋崎譲元代議士が拉致ではなく遭難と

◆「行動対行動」の原則厳守を

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3