救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「寺越事件50年、今何をすべきか 東京特別集会」全記録



◆真相究明の対象として担当大臣が認めた

 その点でも、政府は寺越事件を事実上拉致と認めた、拉致の範囲の中で真相究明すべきものだと認めたということは大きな進歩だと思います。
 但し、3つ目の日本国籍の問題については、自分の担当ではなく法務省が関わっていることとして即答はいただけませんでした。
 また、外雄さんの奥さん、在日朝鮮人の人ですが、その人の意向がどうなのか、あるいは本人たちの意向はどうなのか、という話もされたので、その意向は北朝鮮の地で聞いてもだめです。本当のことなんか言えないんだから。だから要請の4がある。最低でも第三国に出してから本当のことを聞いてください、と。
 ジェンキンスさんがいい例だ、と。小泉首相が平壌で会って、「日本に来なさい。私が保証する」と言っても来なかった。しかし、インドネシアに出たら、本当のことを言って日本に来た、ということは言いました。
 そして、こういう要求を北朝鮮にしてほしいということについては、「一つの選択肢として視野に入れて考える」と明言されました。
 繰り返しになりますが、「寺越事件の解決なくして拉致問題の解決なし」ということを今日明らかにしていただいたのは大変よかったと思っています。
 特に我々としては、安倍内閣の間に全面解決を求めているわけです。北朝鮮が一度、「死んだ」と言った人たちを、「生きていました」と言って返すことは大変大きなことです。彼らにとっては大きな譲歩です。それが起きる可能性が十分あると思っています。
 その場合に、例えば(横田)めぐみさんが帰ってきたら、日本では大騒ぎになります。そうすると真相究明が忘れられてしまう。北朝鮮が譲歩するのは二度はないと思います。めぐみさんたちを返す時に、真相究明も拉致の解決に入っているんですよと言ってもらわないと置き去りになってしまうんです。
 今、日本政府の参与という人が平壌に行っています。中味は何も分かりませんが、動きが出てきた時に置き去りになされない一つの布石を打ったと思っています。
 そういうタイミングであれば、武志さんたちを第三国に出せと要求できる。そういう点で大変ありがたいこと、とはいえ、担当大臣としてはこういうことを言うのは当たり前のことですが、事情がよく分かった方々でよかったと思っています。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3