救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「寺越事件50年、今何をすべきか 東京特別集会」全記録


" data-hatena-bookmark-layout="standard" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加

  • ◆寺越武志さんの大変重い訪日、案内人付き


     石川県というと森も関わったのかという感じもするし、嶋崎が悪やったという気もしています。寺越事件を複雑にして、わけが分からないようにして、国民を霍乱したんじゃないかと思っています。実際に千葉県におられて、嶋崎や森がどう動いたのか、妨害したのか聞きたい。
    西岡 まず、この要請書に書きました通りです。2回真相究明のチャンスがあったんです。1回目が手紙が来た時です。その時は、社会党代議士の嶋崎譲先生が間に入って、多分本人も遭難ではなかったと思っていたと思われますが、遭難で終らせたということがありました。
     2度目のチャンスが2002年10月。これは森喜朗元総理が間に入って、武志さんを日本に呼んだ。しかし、残念なことながら案内人も一緒についてくるという訪日だった。我々も救う会の運動をしていましたが、友枝さんとの関係で、友枝さんは家族会に入ってなかったので、それをけしからんと要求することができなくて、友枝さんはそれでいいと言って森元総理と一緒にそういうことをした。
     武志さんにとっては、大変重い訪日だったと思います。しかし、結果的に、それは北朝鮮からすると、5人を返すテストケースにしたのかもしれない。その直前だったんですね。何がどうなるかというのは、もしということはできないんですが、その時武志さんを案内人から離して、本音を聞いて、残りたいと言っていたら、日本に送ると裏切るということが証明されてしまったら、5人の帰国はなかったと今、友枝さんは言っています。
     すべてのことは分かりません。そういうことをやる北朝鮮が悪いのですが、しかし当時私たちは残念ながら武志さんを守ることができなかった。大口さんも先ほどおっしゃったように、友枝さんと一緒に運動していなかったので、家族、当事者がこれがいいという選択をしていた時に、家族に反対して何かをするというのは、運動では難しかったんですが、しかし政治家、あるいは政府としてであればもう少し手のうちかたがあったんではないか。
     しかし、それをしたら次がどうなっていたかということもあり、本当にこの事件は複雑だなあと。しかし、要請文に書きましたように、国家として真相究明が足りなかったのは間違いない。そうだとすれば、元総理としても責任をとっていただきたいなあと、そのことについてですが、思っています。
     同じ自民党の県会議員でいらっしゃるので、立場があるから申し上げたんですが。


    " data-hatena-bookmark-layout="standard" title="このエントリーをはてなブックマークに追加"> このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Tweet
  •   Follow @sukuukai
    ■ サイト内検索 ■


    ■あなたにも出来る救出運動■
    あなたにもできること

     ■ 映画「めぐみ」 ■ 

    映画「めぐみ」

    ■ 書 籍 ■

    国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
    「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
    2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
    東京都
    千代田区
    日比谷公園1-3