救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「寺越事件50年、今何をすべきか 東京特別集会」全記録



◆寺越家5人の男兄弟の内3人が北朝鮮で死亡か


 ここに書いてある寺越事件の経緯ですが、武志さんのお父さんである寺越太左ヱ門さんが2001年7月に北朝鮮に行かれて、永住されていますね。そして2008年1月に北朝鮮で死去と書いてあります。友枝さんと一緒に訪朝されていましたが、しばらくたって向こうに住まわれて7年後に亡くなられたわけですが、これはどういうことでしょうか。
寺越昭男 太左ヱ門さんは私と一緒で、本当に気が弱い人で、家にいてもあまり強いことを言うような性格ではなかったですね。長いこと仕事をしていたんですが、年金はかけてなかったですね。だから生活資金が少なく、自分自身が糖尿病でお金がかかっていました。多分、娘さん夫婦の家にいるのがいたたまれなくなったのではと思っています。
 北朝鮮は親を大事にする国ということで、多分そっちで生活することを決めたのかなと。私は残念なんですが、あの歳になって北朝鮮に行って、なぜ言葉も分からない国に行って生活しなければならないのかと思うんです。
 北朝鮮に行って幸せだったかなと、幸せになって生活してくれればいいなと思っていましたが。
内田美津夫 経緯は分かりませんが、間違いなく北朝鮮に渡って、向こうで亡くなっています。神戸の文雄さんが、男兄弟5人の内、太左ヱ門さん、外雄さん、そしてもしかしたら私の父親の昭二、「何で国交のない国で、5人兄弟の3人が向こうで骨を埋めることになったんや。それが残念だ」と私によく言っていました。
大口英夫 私は友枝さんのお宅に半年間、毎日一緒にいたものですから、生々しい話をするのはいけないのですが、嫌がる人を無理矢理連れていったのではなくて、太左ヱ門さんご本人が喜んで北朝鮮に行ったんです。
 お母さんが武志さんにお父さんの愚痴をこぼして、「それなら母ちゃん、わしんところへ連れてこいや」と。友枝さんは武志がそう言ったと言っていました。それは私は事実じゃないかと思います。
 そしてまた太左ヱ門さんがなぜ武志さんの所で生活するか。これも私は傍らでずっと見ていたんですが、これも事実だと思います。糖尿病をわずらっていらっしゃいましたから、向こうで糖尿病で亡くなられたと思います。
 政治的な思惑があって連れていかれたということではないと思います。ただ、北朝鮮にそういう考え方があったから武志さんのところに受けたということはあると思います。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■