救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」全記録



「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」
          全記録 24. 9. 2 東京・日比谷公会堂


 平成24年9月2日に開催された、「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」の全記録である。
 国民大集会には、野田佳彦内閣総理大臣(拉致問題対策本部長)が民主党政権の首相として初めて参加し、「被害者の帰国を実現できていないことは痛恨の極み。具体的な対応を北朝鮮から引き出せるよう、政府一丸となって、あらゆる方策を検討する」と述べた。
 家族会・救う会は「今年を勝負の年!」として運動を続けてきた。また、今年2月に決定した「1000万署名運動」は、8月末日時点で9,330,583筆となり、1000万署名まであと669,417筆となったとの署名目録が横田滋さんから野田総理に提出された。
 国民大集会には、安倍元総理、松原仁・拉致問題担当大臣、石原慎太郎都知事、曽我ひとみさん等も参加、櫻井よしこさんが総合司会をつとめた。
また、拉致議連役員、民主、自民、生活、公明、みんなの各党代表も参加。その他、各地の家族会の各メンバー、全国各地の救う会、特定失踪者の家族会、特定失踪者問題調査会などが参加した。
 今回国民大集会の主催者に入った「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」からは石原慎太郎東京都知事はじめ、現職5名の知事の他、知事代理を含め35の都道府県から参加があった。
 また、同じく主催者に入った「拉致問題地方議会全国協議会」からは松田良昭会長はじめ、35都道府県から134人の都道府県議会議員が出席し、オールジャパンの体制で国民大集会が行われた。
 北朝鮮が拉致を認めて10年となる9月17日を期限に、北朝鮮が日朝協議で誠意ある対応を見せない場合、追加制裁を発動することなどを含む大会決議が承認された。
 参加者は2000人。

総合司会 櫻井よしこ(ジャーナリスト)

家族会代表 飯塚繁雄(田口八重子さん兄)

拉致議連会長 平沼赳夫

内閣総理大臣 野田佳彦

曽我ひとみ(元拉致被害者、曽我ミヨシさん娘)

拉致問題担当大臣 松原仁(国家公安委員長)

元内閣総理大臣 安倍晋三

民主党拉致対策本部幹事長 城島光力

自民党拉致問題対策特別委員長 古屋圭司

「国民の生活が第一」幹事長 東祥三(元内閣府副大臣拉致問題担当)

公明党拉致問題対策委員長 竹内譲

みんなの党幹事長代理 水野賢一

拉致議連事務局長 笠浩史

東京都知事 石原慎太郎

新潟県知事 泉田裕彦

鳥取県知事 平井伸治

香川県知事 浜田恵造

拉致問題地方議会全国協議会会長 松田良昭(神奈川県議)

横田早紀江(横田めぐみさん母)

有本嘉代子(有本恵子さん母)

有本明弘(有本恵子さん父)

浜本七郎(地村富貴江さん兄)

増元照明(増元るみ子さん弟)

市川健一(市川修一さん兄)

斉藤文代(松木薫さん姉)

松本孟(松本京子さん兄)

寺越昭男(寺越昭二さん長男)

内田美津夫(寺越昭二さん3男)

北野政男(寺越昭二さん次男)

松木信宏(松木薫さん弟)

本間勝(田口八重子さん兄)

市川龍子(市川修一さん義姉)

横田哲也(横田めぐみさん弟)

調査会代表 荒木和博

救う会副会長 島田洋一

北朝鮮に拉致されている人々を救援する会チェンマイ代表 海老原智治

拉致議連事務局長代理 高木毅(自民党拉致問題対策特別委員会副委員長)

救う会会長 西岡力

  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3