救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」全記録



家族会代表 飯塚繁雄(田口八重子さん兄)

※13:00〜
※電波状況が悪かったため途中映像・音声が途切れることがあります。ご了承下さい

 みなさまこんにちは。本日はこの「国民大集会」に大勢の方が理解を持ちながらご参集いただきまして、なんとかこの問題を早く解決せよという意気込みを感じております。

先ほど司会から話があった通り、今日の集会は、いわゆるオールジャパンの意気込みとして、北朝鮮に強いメッセージを送りつけるという大きな役割があります。

私たちは毎回こういう集会をするたびに思うのは、みなさんのバックアップがあってこそ、この問題の解決が前に進むのではないかと思います。

ただいまビデオにありました10年前の悲劇、私はこの後活動に参加したわけですが、外務省から、「田口八重子は亡くなっています。ご愁傷様です」と、この言葉だけ報告を受けました。

到底信じられるような内容ではありません。その後の調査では、生きているという話がかなりあります。そういうことで、我々家族としては、「被害者たちはみんな生きている」という固い決意で、「生きているならば早く取戻さなければならない」という思いをもって毎日過ごしているわけです。

 そういう帰国を日々待ちわびながら、いつのまにか10年経ってしまったというのが、いわゆる10年目の節目であります。私たちは毎日毎日、この拉致問題の進展に期待しつつ、1日の節目として今日はどうだったか、明日はどうなるかとかたくなに思い続けながら、もう10年経ってしまったというのが現状です。

 この間、皆様の世論の高まりを受けて、ようやく政府を巻き込んで国中がこの問題を解決するために、具体的にどう動くかを含めて、色々な論議が高まってきたわけです。

 たまたま今回、北朝鮮から、いわゆる日朝政府間協議をやろうという話があったわけですが、我々としては、待ちに待ったいいチャンスだと捕えて、予備協議を、本当の意味で拉致問題を解決するための本協議につなげていっていただきたいと考えております。

 その場でも当然ながら、日本は国民とともにこの拉致問題を重視し、解決を望んでいるという意気込みも交渉の大きなカードになるのではないかと考えております。

 従って、今日のタイミングでこの集会が行われるということは、非常に有利な方向に展開できる一つの条件かなと考えます。このタイミング、きっかけを十分生かしてほしいし、4年前のように消えてなくなることがないように、しっかりと政府、議会、全体的な世論が注視して、具体的に動くことを私たちは期待しています。

 それにつけても北朝鮮のしたたかな態度については、我々は十分承知の上ではありますが、そういうことも踏まえて、政府が戦略、戦術をきちんと練って、上級の会談に結びつくよう、是非とも、期限を切った日程をつけて協議の進展をはかっていただきたいと思っております。

「今年は勝負の年」と我々は位置づけ、みなさんに訴えておりますが、まさにそのきっかけができたというのが現時点です。これについては昨日も(松原)拉致担当大臣にお願いしました。外務省の局長にもお願いしました。

 この機会で絶対に実がなるように進めてほしいというお話をしております。今後ともこの問題については、みなさんとともにしっかりと注目をしていきたいと思います。そのことも含め、今後のご支援を宜しくお願いいたします。今日はありがとうございました(拍手)。



櫻井 ありがとうございました。次に「たちあがれ日本」代表で、拉致議連会長を長く務めてこられました平沼赳夫さんに、主催者としてご挨拶をお願いいたします。



  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3