救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」全記録



曽我ひとみ(元拉致被害者、曽我ミヨシさん娘)

 みなさん、こんにちは。曽我ひとみです。今日はお休みのところ、こんなにたくさんの人たちがこの会場に足を運んでいただき、本当に心から感謝いたします。ありがとうございます。

 私は日本に帰国してこの10月で10年目を迎えます。この10年の間、母のことを、毎日毎日考えていました。だけどこの10年の間、何一つといって情報はなく、母の影さえ見えません。もう母は81になります。

 私と一緒に拉致された時には、私の今の歳よりずっと若い母でした。本当に私だけが日本に帰ってきたということが、この10年間、とても心苦しく思っています。

 北朝鮮と日本は、飛行機で行けばたったの2時間足らずで行ってくることができます。だけど私は、24年間助けを求めて、毎日、毎日暮らしていました。そして10年前に、帰国を果すことができました。

 24年間北朝鮮で生活をしながら、一つだけはっきりと分かったことがあります。それはどんなことでも絶対にあきらめたら終わりです(拍手)。「いつか、いつか絶対に日本に帰れる」と、いつも思っていました。

 だけどまだ、私の母を初め拉致被害者の方々はあの北朝鮮で月を見ながら、星を見ながら、「いつになったら誰かが迎えに来てくれるんだろう」といつも思いながら待っていると思います。日本で待っているご家族の方も、もう高齢になっています。本当に時間がありません。

 みなさん、もう一度皆様方のお力をお借りして、一日も早くこの問題が解決して、みんなが日本に帰ってきて、お父さんお母さん、お兄さんお姉さんとあたたかく抱き合える日を必ず、私もここで待ちたいと思います。

 そしてそのためには、これからも署名活動を続け、一人でも多くの方にこの問題を知ってもらい、お力を借りたいと思います。これからも今まで以上に皆様のお力をお借りしたいと思います。宜しくお願いいたします(拍手)。

櫻井 ありがとうございました。子どもを思う親の気持ち、親を思う子どもの気持ち、本当に深いものがあります。幾十年も異常な状況の中で、行方が分からない。こうした思いを、曽我さんだけでなく、被害者全員が抱いています。この悲しみから一日も早く、私たちは被害者を救い出し、そして関係者の笑顔を見たいものだと思います。

 こうした国民の思いを、今日は野田総理がしっかりと受け止めてくださいました。本当にお出でくださいましてありがとうございます。ここで、野田総理が退席されます。どうぞ皆さん、拍手でお送りください(拍手)。どうもありがとうございました。野田総理しっかりお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。

 では次に、現在拉致問題担当大臣で、国家公安委員長の松原仁様にご挨拶をいただきます。




  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3