救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

東京連続集会89 最終決戦は続いている 制裁強化と国際連携の圧力で全被害者を救出しよう



 平成28年3月3日、友愛会館において、東京連続集会89が開催された。今回は、冒頭、たまたま当日議決された国連安保理の北朝鮮に対する解説について西岡力救う会会長、島田洋一副会長が解説した。
 続いて、訪米した古屋圭司元拉致問題担当大臣と島田会長から、北朝鮮による拉致疑惑が濃厚なデヴィド・スネドン氏に関する米議会の動きについて報告がなされた。
 米国では現在、スネドン氏に関する決議案が上下両院に提起されており、これがもし議決され、さらにスネドン氏が拉致被害者として米政府に認定されれば、米国での拉致問題への関心はさらに高まり、北朝鮮に対し、強く拉致問題解決を求めるようになると思われる。
 続いて、西岡力会長から、家族会・救う会共同の今年の運動方針案について説明がなされた。家族会・救う会等は、4月9日(土)、文京シビック大ホールで、「最終決戦は続いている 制裁強化と国際連携の圧力で全被害者を救出しよう国民大集会」を予定している
 最後に、在京家族から近況報告がなされた。


西岡力(総合司会、救う会会長、東京基督教大学教授)

島田洋一・救う会副会長(福井県立大学教授)

古屋圭司(元拉致問題担当大臣、自民党拉致問題対策本部長)

島田洋一・救う会副会長(福井県立大学教授)

西岡力(救う会会長、東京基督教大学教授)

横田 滋(横田めぐみさん父、家族会前代表)



  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3