救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」全記録



平成25年4月27日、家族会、救う会、拉致議連、知事の会、地方議連主催の国民大集会が東京・日比谷公会堂で開催された。国民大集会には、家族会・救う会関係者の他、安倍総理、古屋拉致担当大臣の他、各党代表、拉致議連メンバーが多数参加。また、知事の会から28の都道府県知事や代理が、地方議連から31都道府県124都道府県会議員が参加した。拉致被害者の曽我ひとみさんも参加し、母親の救出を訴えた。韓国、タイ、ルーマニア、米国の被害者家族や団体からのメッセージも報告された。

 なお、本日、家族会の飯塚繁雄代表、増元照明事務局長、救う会の西岡力会長は米国に向け出発した。これは政府主催のシンポジウムや写真パネル展をワシントン、ニューヨークで行うもので、シンポジウムでは古屋圭司拉致問題担当大臣、キング米北朝鮮人権問題担当特使等が基調講演を行い、家族会・救う会、特定失踪者家族や荒木和博調査会代表が拉致問題をアピールする。

■「勝負の年の延長戦」今年こそ−国民大集会開催

総合司会(西岡力救う会会長) みなさんこんにちは。ただ今より、「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」を始めたいと思います(拍手)。本日、いつも司会をつとめていただく櫻井よしこさんが、所要のためここに来られず、救う会会長の西岡が総合司会をつとめさせていただきます。少し緊張しておりますが、宜しくお願い致します(拍手)。
 安倍総理大臣が入場されました(拍手、被害者家族と握手して着席)。今日の看板を見てください。「勝負の年の延長戦」と書いてあります。私たちは昨年を「勝負の年」としました。金正日が拉致を認めて10年でした。
 昨年中にと全力を尽くして運動をしました。しかし、目に見える結果を出すことはできず、今年になりました。昨年の9月、今日もお見えの曽我ひとみさんがおっしゃっていました。北朝鮮にいる時、毎日日本からの助けを待っていた、と。あきらめたら終わりだ、と。
 助けを待っている人たちがいるのに、私たちはあきらめられません(拍手)。ですから「勝負の年の延長戦」です。今年こそという決意で今日の集会を始めたいと思います。宜しくお願いいたします(拍手)。
 それでは主催者を代表しまして、家族会代表の飯塚繁雄さんにご挨拶をいただきます。

■「勝負の年の延長戦」今年こそ−国民大集会開催

◆今年中になんとしても

◆自衛隊が現地に乗り込める法整備を

◆家族が被害者を抱きしめる日まで、私の使命は終らない

◆1000万の重みを感じて

◆絶対にあきらめないで

◆拉致された被害者を全員取戻す

◆特定失踪者のDNA採取も開始

◆拉致問題の解決なくして失われた自信を取戻せるか

◆李 美一さんからのメッセージ

◆スカム・パンチョイさんからのメッセージ

◆ガブリエル・ブンベアさんからのメッセージ

◆デヴィド・スネドンさんの両親からのメッセージ

◆家族会の訴え

◆決議案


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3