救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」全記録



◆決議案


 金正日が拉致を認め、5人の被害者が帰国してから昨年で10年が過ぎた。「勝負の年」とした昨年末までに、具体的進展を見ることはなかった。しかし、今現在も、被害者が彼の地で助けを待っている以上、私たちは諦めたり絶望したりすることはできない。今年を、「勝負の年の延長戦」と位置づけ、力を振り絞って被害者救出のため戦っている。
 その一環として私たちは本日、「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」を開催した。本日の集会は、昨年に引き続いて家族会、救う会、拉致議連に加えて知事の会、地方議連も主催者に加わった。拉致被害者とその家族、特定失踪者家族はもちろん、内閣総理大臣、担当大臣、各党代表、多数の知事と地方議員、支援組織、心ある国民がみな集まる名実ともにオールジャパンの集会となった。また、平成9年、運動開始以来、集めてきた被害者救出のための署名がついに1000万筆を超えた。その署名に込められた私たちの怒りの声を総理に直接お届けした。
 北朝鮮の金正恩政権は昨年11月に一度、日朝協議に応じたが、拉致問題は継続して話しあうとだけにされ、実質的進展はなかった。その上、12月のミサイル発射実験、2月の核実験、3月以降は戦争恫喝と先制核攻撃予告など度を超した挑発を続けている。わが国を含む国際社会は戦争挑発に対して万全の抑止力と制裁強化で立ち向かい、挑発で彼らが利益を得ることはないということを示している。
 金正恩政権に今一度、伝えたい。わが国は、政府も国民も、拉致被害者が帰ってこないことに腹の底から怒っている。拉致被害者全員をすぐ返しなさい、そうしない限りあなたがたへの制裁は強まり、支援はあり得ない。
 私たちは次のことを強く求める。
1.北朝鮮は、全ての拉致被害者をいますぐ返せ。そのための協議に応じよ。
2.政府は、全勢力を傾けてすべての拉致被害者を早急に救出せよ。北朝鮮との協議では拉致問題を最優先とし、行動対行動の原則を守って、全被害者の帰還を強く迫れ。期限を切って拉致問題を理由として送金停止と人の往来の停止などの追加制裁を断行せよ。
3.政府は、緊急時の拉致被害者救出計画を準備し、関係各国にも働きかけよ。
 平成25年4月27日 「国民大集会」参加者一同
司会 ご賛同の方力強い拍手をお願いいたします(拍手)。
 ありがとうございました。この決議が採択されました。みなさん最後に、「ふるさと」を歌って被害者に思いを馳せようではありませんか。ご起立ください。
兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川 夢は今もめぐりて 思い出ずる故郷
如何に在(い)ます父母 恙(つつが)なしや友がき 雨に風につけても 忘れがたき故郷
志をはたして いつの日にか帰らん 山は青き故郷 水は清き故郷
司会 ありがとうございました。私たちの怒りの声を共に挙げようではありませんか。私について、シュプレヒコールを挙げたいと思います。
シュプレヒコール!
北朝鮮はすべての被害者を今すぐ返せ! 返せ! 返せ!
政府は1000万署名に応えて拉致被害者を早急に救出せよ! 救出せよ! 救出せよ!
司会 ありがとうございました。今年こそすべての被害者を取戻すために、みなさんともに頑張ろうではありませんか。今日はありがとうございました(拍手)。

以上


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■