救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

「すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会」全記録



◆1000万の重みを感じて


横田滋 本日、1997年に始まりました署名が1029万4203筆になりましたので、これを総理大臣にお届けいたします。平素から拉致問題解決のためにご尽力して下さり、心から感謝申し上げます。
 この署名を始めた頃は救う会はまだできておらず、新潟にだけ救う会があり、そこの小島さんたちと一緒に、10万筆を集めて総理大臣に提出したいと考えました。
 しかしこのことが新聞に報道され、全国から、たくさんの方から、署名用紙を送ってくださいということがあり、電話が鳴り止まないくらいでした。
 それを通り過ぎますと、「拉致なんて本当にあるんですか」とか、「こんなことして危険じゃないですか」と言われることもありました。
 しかし、家族会ができ、その後全国に救う会ができたおかげで大勢の方から署名を送っていただけるようになりました。しかし、1000万というのは当初の目標からは100倍になりますので、そんなに簡単に増えるわけではありませんが、特に昨年2月以降は、救う会でこれを1000万にして、北朝鮮に対して日本人は拉致問題を忘れていないということや、国内の方にも早く解決しなければならないんだということを、訴えました。政府の方にもお届けして、その重みを感じていただければと思います。
 16年というのはかなり長い期間でしたが、国民の中には、2002年までには、「本当に拉致なんかあるのか」という意見もありましたが、今はもう「同胞を一日も早く救出してほしい」という気持が、形として現われてきたんだと思います。
 是非その重みを感じていただき、一日も早く被害者を帰国させるようにご尽力下さいますようお願いいたします。どうぞ宜しくお願い致します(署名用紙を手渡す、拍手)。
司会 9月に引き続いて、拉致被害者であられ、そしてお母さんを探しているという意味で拉致家族でもあられる曽我ひとみさんが佐渡から来てくださいました。


  
■ サイト内検索 ■


■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■