救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

マカオ人拉致被害者孔令●氏が金賢姫氏の中国語教師(●は「貝貝」の下に「言」です)(2009/03/10)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2009.03.10)

■マカオ人拉致被害者孔令●氏が金賢姫氏の中国語教師
 (●は「貝貝」の下に「言」です)

元北朝鮮工作員金賢姫氏が、マカオから1978年に拉致された孔令●さんから中国語
を習っていたことが明らかになった。

金賢姫氏は、1984年6月から8月まで、同僚工作員金淑姫といっしょに平壌市の北部
にある龍城40号招待所で孔令●さんから北京語を学んだ、として次のように証言した。

「マカオ女性から中国語基礎教育を受けた」「そのとき、私に北京語を教えた女性
は私より年齢が5歳くらい上の『ミスコン(コンは孔の朝鮮語発音・訳註)』という方で
した。典型的な中国美人でした。マカオから拉致されてきたと聞きました。北朝鮮に
拉致されてきて収容されている最中に逃げ出してまた捕まったと言いました。崔銀姫
氏が手記で会ったと書いたその人に間違いありません」。

本年2月末金賢姫氏が韓国のジャーナリスト趙甲済氏にこの証言をし、その後、救う
会が提供した孔令●さんの写真を金賢姫氏が確認した。

孔令●氏の拉致事実については家族会・救う会が詳しい調査をして2006年12月東京
で開催された「北朝鮮による国際的拉致の実態と解決策・国際会議」で報告されてい
る。また、家族会・救う会はその詳しい内容を中国政府に提供している。

本来なら、6者協議参加国のうち日、韓、中3カ国政府が、自国民拉致問題を議題に
持ち出し、連係して北朝鮮に圧力をかけるべきところだ。ところが、そのような動き
はまだない。

自国民が北朝鮮に拉致されいまだに抑留され続けていることが明らかになっている
のに、中国政府は自国民救出のために動いているように見えず誠に残念である。私た
ちは、今回の金賢姫証言を契機にマカオ人拉致問題について中国をはじめとする全世
界でより強い関心が高まることを期待して止まない。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
●麻生首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 麻生太郎殿

●救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/09/22
「今年中に全拉致被害者の救出を!」国民大集会全報告3
2017/09/21
拉致に言及した安倍・トランプ国連演説を歓迎する
2017/09/21
「今年中に全拉致被害者の救出を!」国民大集会全報告2
2017/09/20
「今年中に全拉致被害者の救出を!」国民大集会全報告1
2017/09/20
横田めぐみさん拉致に言及したトランプ国連演説

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3