救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮が提出した「調査結果」の疑問点・矛盾点(2)2014.12.09
家族会・救う会は12月9日午後、政府に「北朝鮮が提出した「調査結果」の疑問点・矛盾点(2)」を提出し、その後記者会見でそれを公表した。以下その全文である。

家族会・救う会は実務者協議の結果を詳しく分析し「疑問点・矛盾点」を11月25日に政府に提出しました。また、昨日(12月8日)は、横田めぐみさんの遺骨と称して提供された骨も、再度「松木薫さんの可能性もある」として提供された骨も捏造であることが判明しました。それらにより、北朝鮮金正日政権の不誠実な姿勢が浮き彫りになりました。

本日、私たちはそれに引き続き、この間公開をひかえてきた情報の中から、
現段階で公開することがふさわしいと考えられるものを選び、「疑問点・矛盾点(2)」としてまとめました。
帰国した5人の拉致被害者の方々はこの間、未帰還拉致被害者救出のため日本政府に対して情報提供をすると同時に、家族会・救う会にも情報を提供してきました。

家族会・救う会は提供された情報は北朝鮮側が出してくる調査結果を検証するために使われるべきだと考え、その情報の公開を避けてきました。しかし、11月の第3回実務者協議の結果を受けて、現段階で公開しても北朝鮮を利することがない、むしろ公開して北朝鮮の主張のでたらめさを訴えるべきだと思われる部分が出てきましたので報告いたします。今回指摘するのは、全体的疑問点・矛盾点1点と個別的疑問点・矛盾点7点です。前回の報告と合わせると合計73点となります。要するに、北朝鮮が出してきた情報と物証はすべて捏造だったということです。
これによっていよいよ金正日政権の虚偽と非道さが明らかになりました。もはや、いままでのような形での対話では拉致問題を解決できないことは明らかです。わたしたちは多くの国民の怒りの声とともにとともに、経済制裁発動を強く求めるものです。また、政府による精査結果を早急に公開することも合わせて求めます。

続きはこちらから

■ サイト内検索 ■


■ 最新記事一覧 ■

■ アンケート集計結果 ■
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3