救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

韓国の拉致被害者家族・ゲストの訴え−国民大集会
 下記は、平成21年5月6日、東京・日比谷公会堂で行われた「拉致被害者の早期救出を求める国民大集会」において、韓国の拉致被害者家族・ゲストの方々が発言されたものだけを集めて収録したものです。冒頭の会場の皆様への感謝の挨拶など一部割愛しています。当日の総合司会はジャーナリストの櫻井よしこさん(文責=救う会事務局)。

目次
韓国家族訴え崔 光奭朝鮮戦争拉致被害者関連法が制定へ
      李 玉哲李明博政権は、韓日米連携で拉致被害者の帰還を
報告    趙 甲済金正日個人を脅かす国際的制裁を!
      金 大成脱北者がもたらす情報が拉致被害者を助ける


続きはこちらから
■ サイト内検索 ■


■ 最新記事一覧 ■

■ アンケート集計結果 ■
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3