救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

千葉集会開催、アピール採択(2001/09/24)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2001.09.24)

■千葉集会開催、アピール採択

 去る22日、船橋市の勤労市民センターで「横田めぐみさんたちを救出するぞ!9・22
県民集会」が開催されました。集会では横田滋家族会代表、早紀江夫人、増元照明家
族会事務局次長が家族からの訴えを行い、さらに県内地方議員の会会員の上橋泉柏市
議、松島一夫栄町議、司会及び運営を行った中村実船橋市議(地方議員の会事務局長)
がスピーチ、続いて荒木和博全国協議会事務局長が「拉致事件の実態と救出への展望」
と題し講演しました。

 集会では以下のアピールを採択しました。

        拉致された人々を家族のもとに取り返すために

 去る9月18日、「よど号」ハイジャッカーの一人、赤木志郎の妻(金子)恵美子が
北朝鮮から帰国した。金子は旅券法違反でただちに逮捕されたが、私たちは金子の逮
捕が有本恵子さんをはじめとするヨーロッパ拉致事件の解明、ひいてはすべての拉致
された人々の解放の大きな足がかりとなるよう切に希望するものである。
 金子は報道陣の質問に対し、有本さんらについては「会ったこともないし、自分た
ちには一切関係ない」と言っている。しかし、有本さんと平壌で一緒にいたとされる
札幌市出身のIさんと 「よど号の妻」黒田佐喜子と森順子がスペインで一緒に写って
いる写真は前から公開されているし、また、有本さんがコペンハーゲンの空港で北朝
鮮工作員キム・ユーチョルと一緒に写っている写真もマスコミに公開された。金子の
言葉が嘘であることは火を見るより明らかだ。そして逆に、この否定は妻たちも含ん
だ「よど号」グループが「北朝鮮の日本人工作員」であることの証拠なのである。
 この11日、米国で起きた同時テロは世界中にテロ行為に対する怒りを植え付けた。
テロを防ぐのはテロを許さないという断固とした姿勢である。まさにテロ行為の実行
犯が帰国し、また他のメンバーも順次帰国すると言われているとき、警察はもとより
報道、そして何より日本国民が「絶対にテロは許さない」という意志を示し、それを
実行していくことがテロを防ぐことになる。特に拉致事件の場合、これまで一人も帰
国できた被害者はおらず、現在進行形のテロと言える。被害者の救出は一刻を争うの
だ。
 拉致事件は日本人だけではない。韓国では政府発表だけで500人近くが拉致されて
おり、しかも拉致は最近まで続いている。また北朝鮮の大多数の民衆は独裁の元で苦
しみ、罪もない子供たちが多数孤児となり餓えと寒さの中で命を落としている。その
どれもが北朝鮮の金正日体制に起因することは言うまでもない。私たちにはアジアに
おける最大の民主主義国家として、日本人被害者の救出にとどまらず韓国人被害者、
そして最終的には北朝鮮の民衆も救う使命もあるのである。
 私たちは本日の集会を契機に、県民の救出への世論を高め、また救出に直接つなが
る活動を行っていく。県民各位のご協力を切に希望する次第である。

  平成13年9月22日

          「横田めぐみさんたちを救出するぞ!」9.22県民集会


★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
救う会全国協議会ニュース
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
TEL 03-3946-5780/FAX 03-3944-5692 http://www.asahi-net.or.jp/~lj7k-ark
〒112-0015 東京都文京区目白台3-25-13 
担当:荒木和博(事務局長 k-araki@mac.email.ne.jp)
----------------------------------------------------------------------
恐縮ですが送信を希望されない方は荒木のID宛メールをお送り下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2020/07/07
トランプ大統領のお悔やみ書簡の意味
2020/07/01
トランプ米国大統領からお悔やみの書簡
2020/06/30
北朝鮮権力中枢部に異変か-金正恩、与正対立説
2020/06/29
ポッテンジャー米国大統領副補佐官からお悔やみの書簡
2020/06/23
拉致被害者の即時一括帰国への道−西岡力

■過去のメールニュース■

  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■