救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

被害者の即時一括帰国を!特別集会報告3(2018/07/04)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2018.07.04)

■被害者の即時一括帰国を!特別集会報告3

西岡 ありがとうございました。次に、家族会の皆さんから訴えをいただきたい
と思います。仕事の関係があり、飯塚耕一郎さんに最初にお願いします。

◆金正恩に、拉致被害者の即時一括帰国を決断させること

飯塚耕一郎(田口八重子さん長男、家族会事務局次長)

 皆さん、こんばんは。確かに6月12日に米朝首脳会談が行われて、トランプ
さんから拉致問題が提起されました。その後2週間ほどですが、色々な報道があ
ります。しかし、なぜこんなに色々な報道が出るのかが分かりません。

 基本的に、金正恩が、日本が拉致問題の解決を求めていること、北朝鮮のトッ
プが認知したということです。そして、日本は拉致問題の解決とは、全拉致被害
者の即時一括帰国であるとしています。これは我々がずっと言い続けてきたこと
です。

 これを変える必要もないし、薄める必要もないわけです。家族もここにいる皆
さんもそうだと思いますが、誰が調査報告書を求めているのか、誰がそれ以外の
ことを求めているのかということです。

 我々は、(家族が)40年間拉致をされ、ずっと辛い思いをしてきた。その我
々が、今単純に家族と再会ができるタイミングだから家族と会いたい気持ちを持っ
ている。だから政府は全拉致被害者の即時一括帰国をするようにお願いしますと
言っているだけです。

 金正恩が拉致問題を認知した。日本が全員を即時一括で返せ、と。それならと
金正恩が拉致被害者を返す。日本が支援をする。ものすごくシンプルな話です。
変にものごとや考えをこじらせる必要はないと思います。

 先生方のお話にありましたが、我々が訪米した時、アーミテージさんが、「拉
致問題の解決というのは拉致被害者家族が決めることで北朝鮮が決めることでは
ない」と。そして我々ここにいる家族は全員即時一括を求めている。この大前提、
絶対的な定義があるということを、改めてご理解いただければと思います。

 また、時間がないというところは避けられない部分があります。しかし、慎重
に物事を見極めていく必要があると思っています。

 久々に隣にいる親父の顔を見ましたが、80になった親父の顔を見て、本当に
歳を取ったなと思いますし、早く会わせたいなという気持ちが年々高まります。
ですが、慌てずに、冷静に、親父と八重子さんを今年中に、遅くとも来年中に会
わせることができればと思います。

 西岡先生が訪米した時おっしゃっていましたが、「北朝鮮において拉致問題は
一番ハードルが低い問題である。この問題に真摯に取り組まなければ北朝鮮を取
り巻く諸問題に果たして彼らが本気で取り組むだろうか」と。

 その意味で、拉致問題の解決は、彼らの資金力がリトマス試験紙のようになっ
ている。だから金正恩が、拉致被害者の即時一括帰国を決断することを、改めて
皆さんと共に声をあげていければなと思っています。

 引き続き、皆様のご理解とご支援を宜しくお願いいたします(拍手)。

◆喜びの日を一緒に味わっていただきたい

横田早紀江(横田めぐみさん母)

 皆さん、こんばんは。お忙しい中、日本の大変なこの問題に対してご協力いた
だき、本当にありがとうございます。多くの方々がいつも全国で見守っていただ
いています。

 ただ連れていった子どもを返してくださいと言っているだけのことですが、重
みのある拉致問題ということが国家の中にたくさんあったということが、時代の
流れの中で大きな役割を果たしていることなんだなと考えています。

 これは積み残していいことではありません。必ず今このチャンスにたくさんの
子どもたちが帰国できるように、みんなが帰ってきて日本中が「よかったね」と
大きな喜びで沸く日を与えられることを私たちは望んでいます。

 向こうにいる被害者の悲しみと残酷さ。ほんとうにむごい中で毎日泣きながら
今日も生きているであろう人たちの人生を、ここで切り替えるくらいの大きな喜
びになると思います。日本国にとっても、非常に大事なことが転換されたことに
なります。

 それは国民の皆様方のご支援の中で、ここまで私たちが来られたということで
立証されたことだと思いますので、一刻も早くと思います。

 今日は皆様方が本当にいい話をしてくださいました。それぞれが本当のことで
す。拉致問題がどういうことなのか、金正恩も全然分からないままかもしれませ
ん。交渉によって持ち上がっていく国ではないので、早く金正恩にこのことが分
かってもらえたらいいな、どうしたらできるんだろうと私たちはいつも思ってい
ました。

 それが開かれたのですから、ここが解決のチャンスですので、喜びの日まで引
き続きご支援いただき、一緒に味わっていただきたいと思っています。ありがと
うございます(拍手)。

◆国交正常化や調査委員会の再発足は求めていない

横田拓也(横田めぐみさん弟、家族会事務局長)

 皆様、こんばんは。私からも、ごくシンプルにお話したいと思います。

 既にお話がありましたが、私たち家族は、全被害者の即時一括帰国のみを求め
ているわけで、日朝の国交正常化を望んでいるわけでもなく、調査委員会の再発
足を求めているわけでもなく、調査の報告書を求めているわけでもありません。

 彼らは加害者ですから、全部分かっているはずです。全被害者がどこにいるか
を分かっているはずですから、即時に日本に返す、また日本以外の国にも被害者
を返すことが彼らの使命だと思っています(拍手)。

 一部の個人、一部の連中が、ここにきて安倍総理に日朝首脳会談ありきという
ような形で声を高めていたり、経済支援をするべきだということを声高に訴えま
すが、それは論外であり、私たち被害者家族の障害であって、迷惑行為でしかあ
りません(拍手)。本当にその言葉と行動を慎んでほしいと思っています。

 一刻を争う問題であり、私の父もそうですが、他にも体調を崩している方が多
くおられます。どうかそのような中で迷惑行為だけは避けていただき、そして安
倍総理には焦ることなく、彼らが譲歩するまで日朝首脳会談の機会を慎重に見極
めていただき、かつこの問題が早急に解決するように日本政府が一丸となって努
力してほしいと思っています。宜しくお願いいたします(拍手)。

◆北朝鮮の今現在の人権問題をメディアがもっと取り上げて

横田哲也(横田めぐみさん弟、家族会事務局次長)

 皆様、こんばんは。6月12日の米朝首脳会談を経て、本来であればそれを具
体的にどう進めていくかの実務者協議が行われるべきところ、それすら行われて
いません。そういう状況の中で、拉致問題は全く進展していないように見えます。

 北朝鮮の国内放送でも、ご存知の通り相変わらず「拉致問題は解決済み」と言っ
ているくらいですから楽観的な面はないのですが、如何にして向こうが拉致に取
り組まざるを得ない状況に持っていくのが大前提だとすると、米朝協議でも議題
としては敢えて扱わなかったのかもしれませんが、人権問題以外ないと思います。

 その人権問題に関しては、2014年に(北朝鮮の人権に関する)国連のCO
I(調査委員会)ができました。日本国民ですら、このCOIの内容は具体的に
知るところではないと思いますし、海外の国々の方も知るところが少ないと思い
ます。

 今日ここにたくさんのメディアの方がいらっしゃいますので、国連のCOI報
告書に、具体的にどういうことが書かれているのか取り上げていただきたいです
し、今現在もナチのホロコースト同様のことが北朝鮮国内で行われていると、人
権問題に関する特集を組んでいただいて、その中に日本人拉致事件もあるという
ことを、北朝鮮が嫌がることを取り上げることが、向こうにとってもやらなけれ
ばだめだなということになれば効果的だと思いますので、ご協力をお願いしたい
と思います。以上です(拍手)。

◆安倍さんとトランプさんが解決する

有本明弘(有本恵子さん父)

 皆さん、こんばんは。私が思うことを書いてきました。じっくりと読んでくだ
さい。私の予言のようなもので、安倍さんとトランプさんがこのように解決する
と思います。

 トランプさんが大統領になって1年半になります。誕生以来すごい人が出てき
たと思っていました。こんな大統領はアメリカにいないんです。空母をドーンと
持っていった。

 北朝鮮は親子三代にわたるテロ国家です。金正恩がこれを反省して、「平和国
家に生まれ変わる」と言ったら、すべて終わりになります。一人の血も流さずに
すむんです。

 安倍さんとトランプさんはそういうことも腹の中に入れて取り組んでいると思っ
ています。私たちはテロ国家で非常に苦しんできた。しかし、アメリカの武力が
背景にあれば解決すると思っていました(拍手)。

【有本さん配布資料】

北朝鮮に拉致された有本恵子の父 有本明弘

 1988年9月、北海道の石岡さんの自宅にポーランド経由の手紙が届きました。

 この手紙には、「3人一緒に北朝鮮で助け合って生活をしています。生活費も
この国より支給されて生活しています」といった文章で、「長い間連絡の出来な
かった事をお許し下さい」との内容の手紙でありました。

 子供たちが北朝鮮に居るという確実な証拠が日本国内に入った事は、当時の安
倍事務所の飯塚秘書と家内が一緒に警察庁と外務省に資料を持って行き提出しま
した。それ以降、日本政府も北朝鮮による拉致を認めるようになったと、私は思っ
ています。

 しかし、1990年自社両党訪朝団とマスコミも書いた、金丸・田辺訪朝団は日本
人拉致を無視した外交でありました。

 そして次は小泉訪朝であります。「5人生存8人死亡」と北朝鮮に言われ、生存
者5人とその子供達らを返して来ましたが現在まで、以上の結果しかありません。

 北朝鮮は、国家として嘘をついているのです。私は、北朝鮮は親子三代にわた
るテロ国家であると確信しています。トランプ大統領も北朝鮮をテロ国家に再指
定しました。北朝鮮は、大きな国家犯罪を実行しても認める事はありません。

 我が国の拉致問題も初めは認めなかったが、金正日の考えからその一部を認め
ました。しかし、その後の行動は嘘の固まりで話し合うことも出来ない国になっ
ています。

 この様な親子三代にわたるテロ・人権無視・嘘の固まりの様な国が核を所有す
る事を、アメリカのトランプ大統領が許すはずがありません。金正恩は、北朝鮮
が朝鮮戦争後の休戦体制で反米教育一本で国民を指導し、60数年間アメリカの脅
威だけを軍や国民に植え込んで来た事実を認識するとともに、核の放棄だけでな
く平和国家として今後何十年間国民と共に生き残る道を考えなければなりません。

 金正恩はいつかの時点で金日成・金正日のやって来た国家犯罪を詫び、平和国
家に生まれ変わる事を世界に発信しなければならないのです。トランプ大統領は、
核放棄を約束した金正恩に日本国の拉致問題も話し合うように伝えたと言いまし
た。

 日本国の拉致問題解決の話は、北朝鮮が平和国家として生き残るための考え方
であり、金正恩は軍や国民に対しても平和国家に生まれ変わることを発表するべ
きです。それが朝鮮半島及び北東アジアの平和が何十年と続く基になると、金正
恩が知ることが重要になるのです。

 そのためにも米国との大戦に敗れ復興を成し遂げた歴史を持つ日本国の安倍総
理が、金正恩と時間をかけて話し合って頂きたいのです。この話は金正恩にとっ
て「天の声」となるのです。

◆ふみにじられた40年

本間 勝(田口八重子さん兄)

 皆さんこんばんは。八重子が失踪した日が今日、6月29日です。これは北朝
鮮が言っている日にちです。兄も言いましたが、北朝鮮にふみにじられた40年
でした。

 単に40年が過ぎたということではない。どの家族もそうですが、北朝鮮にふ
みにじられたという憎らしい思いをぶつけて、早く救出に向けなければならない
と思います。

 今日から3日間、川口市の中央図書館で、「ふみにじられた40年」という写
真展をやっています。

 八重子がいなくなった直前、日本海の佐渡に行っています。おじさんの所に立
ち寄ったのです。そしておじさんが、「今日は泊まっていけ」と言った時、「新
潟に待っている人がいるので今日は帰ります」と言っています。

 ということは、(北朝鮮が言う)宮崎ルートではなく、日本海ルートで拉致さ
れたと思います。今まで失踪ルートは不明となっていますが、私はそう断言した
いと思います。

 また金正恩と安倍総理の会談を早期にやっていただきたい。会談をやらないと
スタートできないですから。今まで金正恩がどんなやりとりをしてきたか、どう
返事をしたのかを知りたいですね。それで拉致問題に対する金正恩の心が分かる
わけです。早く真相を家族にお話願えればと思っています。ありがとうございま
す(拍手)。

(4につづく)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2018/07/16
Voice of Americaが拉致問題ドキュメンタリー映像をネット公開
2018/07/05
被害者の即時一括帰国を!特別集会報告5
2018/07/04
被害者の即時一括帰国を!特別集会報告4
2018/07/04
被害者の即時一括帰国を!特別集会報告3
2018/07/03
被害者の即時一括帰国を!特別集会報告2

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3