救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

オットー・ワームビア氏の死を受けて(共同声明)(2017/06/28)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2017.06.28-2)

 オットー・ワームビア氏の死を受けた家族会、救う会、拉致議連の共同声明を
送ります。英語版が欲しい方は救う会までご連絡ください。

■オットー・ワームビア氏の死を受けて(共同声明)

2017年6月28日

 誰からも愛された前途有為な青年オットー・ワームビア氏が、北朝鮮当局の手
によって死に至らしめられたことに、我々は強い憤りを覚える。家族をはじめ、
すべてのアメリカ国民に対し、改めて哀悼の意を表したい。

 北朝鮮が拉致と認めた日本人の中には、騙されて入境し、そのまま拘束された
人々も含まれる。ワームビア氏の不当拘束も本質において異なるものではない。

 ワームビア氏の「犯罪」および昏睡に関する北朝鮮当局の説明は、何ら信用に
値しない。われわれはそれを経験上知っている。

 日本人拉致被害者に関して北朝鮮当局が出してきた死亡診断書は、日付が異な
るのに印鑑の場所がぴったり重なるなど、コピーした上で偽造したことが明らか
なものだった。

 まだ20代で病歴もない被害者が心臓発作で亡くなったなど、「死因」も不自然
なものばかりだった。

 北朝鮮が出してきた一部被害者の「遺骨」からは、鑑定の結果、第三者のDN
Aが検出された。土葬した遺体を数年後に掘り出して焼いたといった説明も非常
識きわまりないものだった。

 北朝鮮にはまだ3人のアメリカ人が不当に拘束されている。

 また、2004年に中国雲南省で失踪したデヴィド・スネドン氏に関し、昨年9月

 米下院は、北朝鮮の拉致を視野に調査するよう米政府に求める決議を採択した。

 北の手に落ちたワームビア氏の悲劇的な最期は、漫然と時を経過させることの
危険を改めて思い起こさせた。

 われわれは、日本人その他の拉致被害者共々、彼らを即時解放するよう北朝鮮
当局に強く要求するとともに、今こそ日米両国がより一層連携して事に当たるよ
う強く訴えたい。

2017年6月28日

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 代表 飯塚繁雄
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会 会長 西岡 力
北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟 会長
平沼赳夫

以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/06/28
オットー・ワームビア氏の死を受けて(共同声明)
2017/06/28
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告5
2017/06/27
めぐみさん死亡状況の説明と証拠捏造を企画した北朝鮮の責任者が処刑−自民党拉致対会合
2017/06/27
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告4
2017/06/26
北朝鮮は今どうなっているのか−東京連続集会報告3

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3