救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

拉致被害者救出が最優先─民進党拉致対本部総会で強調(2017/02/24)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2017.02.24)

 本日2月24日、衆議院第一議員会館会議室で、民進党拉致問題対策本部総会
が開催され、渡辺周本部長が冒頭挨拶で「すべてにおいて拉致被害者の救出が最
優先」と強調した。また出席議員から「ストックホルム合意破棄が党の方針」と
いう発言があったほか、出席の関係省庁担当者との質疑応答も活発に行われた。
家族会から飯塚繁雄代表、救う会から西岡力会長と山岸丈良事務局次長、調査会
から荒木和博代表が出席した。

 飯塚代表は、「今年中の救出」にかける強い思いを述べて議員各位の尽力をお
願いし、西岡会長は家族会・救う会「今後の運動方針」の前半を読み上げ、具体
的運動の中から4月23日国民大集会への参加依頼、さらに具体的運動に「国家
犯罪である拉致問題と他の人道問題を同じに扱うことに強く反対し、拉致被害者
救出の最優先を訴え続ける」「朝鮮総連の活動を厳しく取り締まることができる
新法制定を求める」「米国トランプ政権への拉致問題の深刻さと被害者救出への
協力を求める働きかけを行う」「政府に、安保理事会を通さず独自で国際刑事裁
判所に拉致の責任者を訴追することについて積極的な検討を求める」という項目
を新たに入れたことなどについて説明した。

■拉致被害者救出が最優先─民進党拉致対本部総会で強調

渡辺周本部長の冒頭挨拶概要は以下のとおり。

事件発生から40年という歳月が経ち、いつもならおいでになられる横田さん
ご夫妻がおいでになられません。それだけ高齢化が進んでいるということでござ
います。残された時間がございません。マレーシアでの金正男暗殺の話やらアメ
リカの政権が代わったという話やらいろいろありますけれども、我々としての思
いは、すべてにおいて拉致被害者の救出が最優先、それ以外のストックホルム合
意に書かれているようないくつかの我が国と北朝鮮との間で解決すべき問題です
が、すべてをさしおいて拉致被害者の救出、奪還、何よりも全員返せということ
が最優先の課題でございます。この問題にとって与野党はございません。

かといって最近は、本当に拉致の問題を真剣にしているのかという疑念すら抱
かせるような、どうも政策的優先課題としては後ろになっているんじゃないか、
そんな思いもいたします。そんな場合は、政府与党が言わないことを我々が国会
等の場でしっかりと問いただして拍車をかけさせる。そういう思いで取り組んで
いきますので、どうぞ皆様方のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。


以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2017/03/29
拉致被害者救出運動20年特別集会記録3
2017/03/28
拉致被害者救出運動20年特別集会記録2
2017/03/28
政府が「最優先で取り組む」と回答、中山恭子議員質問主意書
2017/03/28
家族会・救う会活動20年所感
2017/03/27
拉致被害者救出運動20年特別集会記録1

■ 過去のメールニュース ■

  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■

国民大集会「もう我慢できない。今年こそ結果を!」
「もう我慢できない。今年こそ結果を!」。2月2日に家族会・救う会合同会議で決めた今年の運動方針です。 拉致被害者家族の高齢化が進み、「生きている間に被害者に会えないかもしれない」という言葉が出るようになっています。経過はすべて説明して頂くことはないと思います。しかし、今年中にぜひ結果を出して欲しいということが、家族会・救う会そして心ある日本人の心の底からの叫びだと思います
2014年4月27日午後2時午後5時 日比谷公会堂
東京都
千代田区
日比谷公園1-3