救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

家族会・救う会・調査会が政府に申し入れ(2014/10/16)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.10.16)

■家族会・救う会・調査会が政府に申し入れ

本日、家族会・救う会・拉致議連は、国会議員会館で 北朝鮮の「拉致解決済み」
暴言に抗議政府に毅然たる対応を求める10/16緊急集会を開催した。詳しく
は明日以降のメールニュースでお伝えするが、その席で山谷えり子拉致問題担当
大臣に以下の申し入れを行った。

                            平成26年10月16日

内閣総理大臣 安倍晋三 殿
拉致問題担当大臣 山谷えり子 殿

           北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表  飯塚 繁雄
     北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長 西岡力
                   特定失踪者問題調査会代表 荒木和博

北朝鮮の「拉致解決済み」暴言に抗議し政府に毅然たる対応を求める申し入れ

 北朝鮮は「夏の終わりから秋の初めに最初の再調査結果を出す」という約束を
一方的に破っただけでなく、10月7日ニューヨーク国連本部で各国外交官らに
「拉致問題は完全に解決済み」「日本が義務を果たすべき」と暴言を吐きました。

 ところが、報道によると政府は墓参の事業化や平壌に駐在事務所を置くなどを
提案し、北朝鮮のペースに乗せられているように見えます。そもそも今回の協議
再開は、拉致被害者救出のための協議であり、それ以上でもそれ以下でもありま
せん。北朝鮮がこのことを理解しない発言が相次いでなされる今、今一度、今回
の協議の意味を再考し、厳格な対応を求めます。

 いまこそ期限を切って、それまでに拉致被害者に関する調査結果を出せ、さも
ないと制裁をかけ直し、協議を白紙化するという断固たる措置を通告すべきです。

 日本人拉致被害者は厳格な管理の下に置かれており、特別調査委員会が新たに
調査をする必要はないはずです。調査委員会がどの様な調査をしているのかを聞
くためという現段階での当局者の訪朝は、同委員会の調査に日本が巻き込まれ、
結果に責任を持たされる危険があります。私たちは、当局者の訪朝は拉致被害者
に関する報告を聞ける段階まで待つべきだと考えます。

 拉致問題最優先、被害者の安全確保、拉致問題の一括解決という方針を貫き、
認定の有無にかかわらず全被害者を一刻も早く救出するために全力を尽くすこと
を改めて要望いたします。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2019/09/20
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告3
2019/09/19
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告2
2019/09/18
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告1
2019/08/29
国民大集会ご案内 9/16(月、祝日)
2019/07/25
北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告4

■過去のメールニュース■

  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■