救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

もう我慢できない!今年こそ結果を!国民大集会全報告6(2014/09/25)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.09.25)

■もう我慢できない!今年こそ結果を!国民大集会全報告6

◆私も「盗人猛々しい」と思った

平野フミ子(増元るみ子さん姉)

 いつも、いつも、ご支援ありがとうございます。

 重複になりますが、宋日昊のあの言葉に、私は本当に「盗人猛々しい」と、姉
弟で同じことを思ったんだなあと思いました。今までこのような言葉を発したこ
とはありませんが、この時のために私はいたんだという思いがしました。

 犯罪国家でありながら、誘拐した人たちを返さない。返すには交換条件がいる、
と。あのような上から目線で、本当に日本はどこまでなめられているんだろうか
と、テレビを見ながら一人で怒っていました。

 まさかまた恫喝外交ですか、ゆさぶりをかけてくる。屈することはないと思い
ますが、心配でなりません。古屋元大臣が、「本当に今が胸突き八丁だ」と言っ
ておられました。本当にこれが始まりなのか。またこれ以上のことを言ってくる
かもしれません。私は不安でなりません。

 妹が36年前に拉致されましたが、その2年前の友人の結婚式の時にとったカ
セットテープから妹の声を聞くことができました。拉致されてから初めて妹の声
を聞いたんです。でも私が想像していた妹の声と違っていたんです。それだけ長
い時間が経っていたんだということをつくづく感じました。

 拉致された時に、北の地で、工作員のおじさんに「泣くな」と言われて、布団
の中に顔を埋めて声を押し殺して泣いたそうです。その時もう20代後半です。
成人した女性がそのような怖い目にあった。めぐみちゃんに置き換えれば、どん
なに怖かったか、驚愕の心境になったかと思うと、想像することもできません。

 ですからこの絶好の機会を、対抗措置がある今の時期に、この体制で解決する
ことがかなわなければ、絶対日本は取り戻せないと思います。ぜひ国民の声を政
府にどんどん言って、「拉致被害者を助けろ」、「北朝鮮に負けるな」という強
いメッセージを言っていただきたいと思います。

 先ほどひとみさんに聞きましたら、10月くらいからだんだん寒くなるそうで
す。酷寒の地、マイナス20度、30度の土地に、もう拉致被害者を置くわけに
はいかないんです。

 どうぞ皆さん、私たちも歳をとっていますが、拉致被害者はもっと過酷な環境
の中で歳をとっていると思います。日本の心ある人たちが全員、「拉致被害者を
取り戻せ」と、官邸に強いメッセージを投げかけていただければと思います。

 拉致被害者が帰ってくるその日まで、どうぞ応援宜しくお願いいたします。い
つも感謝しています。ありがとうございました(拍手)。

◆もうこういう苦しみはたくさんです

斉藤文代(松木 薫さん姉)

 みなさんこんにちは。松木薫の母は、今年1月11日、父のもとにまいりまし
た。薫の手を握ることなく逝ってしまいましたが、母が入院していた病院の先生
が、「斉藤さん、ちょっと一言話をしておかなきゃならないことがあるよ」と言
言いました。

 「お母さんの身体はさわるところ全部痛がってもうどこもマッサージができな
い。どこをマッサージしたらいいかな」とリハビリの先生が言っていたそうです。
それで、「薫さんが帰ってきたらと、動く手をずっとマッサージした」というこ
とでした。

 手は動いていたんですが、その手も握ることなくあの世に行きました。そして
また、葬儀の時は、私は薫の代わりに焼香したいと思いましたので、「松木薫さ
ん」と呼んでいただきました。そして私は、「お母さん、必ず帰ってくるように
頑張るからね」と母の焼香をしました。

 本当にもうこういう苦しみはたくさんです。もう本当に長いこと、長いこと来
ましたが、家族も歳をとっております。本当に辛い、辛い毎日です。かわいそう
で、かわいそうで、私は何もしてあげられなかったと思いましたが、まだ今年も
これから3か月残っています。何かいい便りが来ればいいなと思って、毎日家事
などに励んでおります。

 これからも何か私にできることがあれば私もしたいとは思っていますが、どう
なるか先は分かりません。これからも皆様のお力を借りて何とか一日でも早く帰っ
てこれますように頑張っていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたし
ます。ありがとうございます(拍手)。

◆「会ってやってもいい」とはなにごとか

松木信宏(松木薫さん弟)

 みなさんこんにちは。姉が母親のことを言いましたので、私はいつものことな
がら、よど号メンバーの話をしようと思ったんですが、その前に、地方議員の先
生方、国会議員の先生方がそれぞれのお立場で頑張ってくださっていることに感
謝したいと思います。

 その気持ちがあるということを前提にして、一言申し上げます。「これから先
が長い」と言われるのが非常に辛いです。私の母はもう亡くなりましたが、普通
であればずいぶん長寿だった、長生きだったねえと、さわやかに送り出せるとこ
ろでした。

 しかし、兄が帰ってきてないということで、よく「待ちきれずに」と言われた
り、「待つことができずに」と新聞に書かれたりしました。しかし、十分待った
んです。十分待った上で、帰ってきていない。その点では、家族としては少し気
分を害することがあります。

 どうか、それぞれのお立場で、これから先が長くなりそうだと思えば、少しで
も短くなるような行動を取っていただいて、是非とも早い解決に結びつけていた
だきたいと思います。

 よど号メンバーのことですが、宋日昊と全く同じようなことを、今、言い始め
ています。北朝鮮でなら、第三国でなら「会ってやってもいい」と。何様のつも
りだと私は申し上げたい(拍手)。

 先ほど中山先生からお話がありましたが、北朝鮮では自分の意思でものを言う
ことがなかなかできない状況であることを考えれば、宋日昊大使も、よど号メン
バーも北朝鮮の指導者層から、心の中でどう思っているかは知りませんが、言わ
されているとつくづく感じます。

 そう感じながらも、(よど号メンバーは)拉致の加害者と言われるのが「青天
の霹靂」などと言っていますが、私の兄が拉致されたということこそ「青天の霹
靂」でした。本当に彼らは「日本に帰りたい」と言っていますが、きっと帰って
くることはできないでしょう。

 彼らにとっても今がチャンスと思って、一生懸命取材を受けていると思います。
これからも彼らの発言を耳にすることはあるでしょうが、帰ってこれないんだろ
うなあ、可哀そうだなあと思うようにしています。

 この交渉自体は今、生みの苦しみだろうと思います。生むためにはやはり大き
な力や小さな積み重ねが合わさって成果が得られていくのだろうと思います。私
なども、心の中で色々思うこともあります。自分の考えと違う所があるかもしれ
ません。しかし、大きな目的、被害者の救出、帰ってくること、そのためには呑
むべきことは呑んで、やっていきたいと思っています。

 今後とも宜しくお願いいたします(拍手)。

◆拉致被害者の方がもっと辛い

松本 孟(松本京子さん兄)

 みなさんこんにちは。本日も大勢の方にきていただき、ありがとうございます。

 今年の5月の日朝交渉の中で、拉致被害者家族にとっては嬉しい知らせがあり
ました。今年はひょっとして拉致被害者が帰ってこれる年ではないかと期待しま
した。そして夏の終わりから秋にかけてという話もありました。しかし、9月も
段々と過ぎ、もう半ばです。未だに私たちに喜ばしい返事は届いていません。

 先ほどから皆さん方が色んなことをおっしゃっています。それもまた事実でしょ
う。しかし、私たちより、北朝鮮に捕われ今日まで非常に苦しい生活をしている
拉致被害者の方がもっと辛いんだろうと思います。

 この辛い思いをしている人たちを、一日も早くこの日本に返してあげたい。そ
のために私たちも、小さな力ではありますが、色々な所に行かせていただいて、
講演をさせていただいて、色んなことを訴えてきました。

 どうしてもこの年の内に帰ってこれればと思っていますので、是非最後までお
力添えをお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。

◆「強い日本」にするための政策を

寺越昭男(寺越昭二さん長男)

 みなさんこんにちは。先日、9月7日の日曜日に石川でも待望の政府主催の県
民集会を開くことができました。飯塚代表、西岡会長にも来ていただいて、講演
をしていただき、山谷えり子大臣にも、就任早々お忙しい中来ていただきました。
これも私たちにとっては夢みたいなことです。

 石川は、寺越事件という複雑な事件があり、県としてもなかなか力が入らなかっ
たのですが、古屋前大臣が来ていただいてから石川県にも議員連盟ができ、そう
いう流れの中で石川県が力を入れてくれるようになり、集会をすることができま
した。古屋前大臣、山谷子大臣に改めて御礼を申し上げます。

 寺越事件は今年51年が過ぎました。よく考えてみると、50歳以下の人は生
まれる前のことなので、本当に誰も分からないものだと思っています。60代で
も石川県で覚えている人は少ないので、そういう事件がどうして今まで解決しな
いで続いているんだろうと思います。やはり、安倍総理が掲げる「強い日本」で
はなかったのではないかと思っています。

 「強い日本」にするのはどうするかということですが、政治を変え、憲法も改
正しなければいけないのかなと思います。今日はたくさんの議員の先生方がおら
れます。「強い日本」にするための政策を考えていただきたいと思います。あり
がとうございました(拍手)。

◆次は「ありがとうございました」と言える集会に

北野政男(寺越昭二さん次男)

 みなさんこんにちは。今日はたくさんの皆さんにお出でいただきました。そし
て皆様方の貴重な時間を私たち拉致被害者家族にいただいています。これは感謝
しても感謝しきれないことです。

 そして今度皆様方にお会いする時は、国民の皆様に、「ありがとうございまし
た」と言える時にお会いしたい。櫻井よしこさんのきれいな生の声が、これで最
後で聞けなくなる。そういった集会に皆様方に会いたいと強く願っています(拍
手)。ありがとうございます(拍手)。

◆平気で拉致を「救助」という宋日昊

内田美津夫(寺越昭二さん三男)

 こんにちは。私は2002年10月に初めて親父のことを調べてほしいと声を
上げました。丸12年経ってやっと、この問題を解決する日朝交渉が始まって、
本当に嬉しく思いました。

 9月の第2週を、田んぼをしながらでも、「早く来んかな、早く来んかな」と
心待ちにしていました。北朝鮮という国は、今までのことがあるけれども、期待
はしていました。だけどこういう結果ですが、「今まで通りの北朝鮮と何も変わ
らないのかなあ、もっとしっかりやっていかなければならないのかなあ」と思っ
ています。

 北朝鮮側で交渉に出てきているのは宋日昊ですが、私が初めてこの宋日昊の顔
を見たのが20数年前のビデオの中でした。寺越事件が「救助」としてなら北に
いる従兄弟(寺越武志さん)を両親に会わせると、「拉致」と言うたら会わせな
いということで、従兄弟の両親が北朝鮮に初めて渡った時のビデオの中に宋日昊
が映っていました。

 宋日昊は、テロ国家北朝鮮の手先となって、嘘を平気でついて、そういうこと
をする人です。私はこの20数年、日本人を脅し、自分たちの思い通りにしてい
く、そういう手法をとってきたと思います。

 皆さんも覚えておられると思いますが、「北朝鮮の中に拉致被害者はいなかっ
た。第三国にいたことにしましょう」と言ったこともありました。日本は本当に、
「拉致被害者を返せ」と強く言えず、北朝鮮の思うままにきたと思っています。

 そういう日本人のやり方を見透かしてだと思いますが、今回も、どういう交渉
の中身かは分かりませんが、自分たちの思いを貫こうとしているのだと思います。

 私は、人の顔で性格を判断するのは失礼だと思いますが、やはり優しい人は優
しい顔をしていると思いますし、気の強い人は気の強い顔をしているなと思いま
す。宋日昊の顔を見ると、国のために平気で嘘をついてきたという事情を分かっ
ているので、顔を見るたびに頭に来ます。

 みなさんも宋日昊の映像が出ましたら、平気で拉致を「救助」という男だと思
いながら見てほしいと思います。絶対いい顔に見えないと思います。

 今後とも結果が出るまで、今しばらく応援宜しくお願いいたします。ありがと
うございました(拍手)。

◆交渉の過程で一切物を出す必要はない

飯塚耕一郎(田口八重子さん長男、家族会事務局次長)

 みなさんこんにちは。本日は皆さんにお伝えしたいことが3点あります。

 まず、これは直接的ではないんですが、皆さんのように以前から拉致問題を重
視していただいている以外の方が時々おっしゃるのが、「今回の再調査の報告が
始まれば被害者がすぐに帰ってくるんでしょう」というふうに理解しておられる
方が、結構います。

 そんなことないということを皆さんはご認識と思いますが、そんなことはない
わけです。この局面はものすごくシビアで、ものすごい嘘つきに対して言い放っ
ていかなければならない協議なんだと、周りのそういう方にもお伝えいただけれ
ばと思っています。

 また、7月の下旬に、「8月の下旬から9月の第1週、第2週にかけて報告が
行われる」という報道がありました。しかし、いつなのかについて日本政府の正
式な発表はまだありません。

 他方、宋日昊が、「報告に向けて協議の準備はできている」と言ったとの報道
があり、家族も含め皆さんもそうだと思いますが、一日千秋の思いで被害者が帰っ
てくることを願う気持ちからすれば焦る気持ちがどうしても先に出てしまいます
が、しかし、今焦るよりは確実な回答、誠実な回答を求めることが一番重要かと
思います。中途半端な回答なんかいらないということを(拍手)、是非とも皆さ
んの心の中、そして家族の心の中でも持つべきだと思います。

 中途半端な回答ではまた悲惨なことになり、また2002年から12年ですが、
また長い月日が経つというような状況は絶対に避けなければいけないと思います
ので、改めてその点に関してはご理解をいただきたいと思います(拍手)。

 最後に、今日皆さんが宋日昊発言に関する感想が出ましたが、全く私も同じで
す。制裁の追加解除を求める発言がありましたが、家族の命を救うために一切の
譲歩や妥協はいらないんです(拍手)。彼らに物を出す時は、すべての被害者が
帰ってきてからです。交渉の過程で一切物を出す必要はないんです(拍手)。そ
のことを是非とも向こうに突きつけてやりましょう(拍手)。この点でご理解を
いただければと考えています。以上です(拍手)。

(7につづく)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2019/08/29
国民大集会ご案内 9/16(月、祝日)
2019/07/25
北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告4
2019/07/24
北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告3
2019/07/23
北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告2
2019/07/22
北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告1

■過去のメールニュース■

  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■