救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

伊原純一アジア大洋州局長が説明−日朝協議(2014/05/30)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.05.30-4)

 拉致問題をすべて再調査することで一致したというストックホルムでの日朝協
議に関し、伊原純一アジア大洋州局長が家族会、救う会、調査会に報告した。

 古屋圭司拉致問題担当大臣、西村康稔副大臣も参加。家族会から有本明弘副代
表、浜本七郎副代表、増元照明事務局長、飯塚耕一郎事務局次長、斉藤文代さん、
平野フミ子さん、内田美津夫さんが、救う会から西岡力会長、平田隆太郎事務局
長、山岸丈良事務局次長、調査会から曽田英雄常務理事が参加した。

■伊原純一アジア大洋州局長が説明−日朝協議

◆伊原純一局長発言(冒頭の説明と質問への回答を一緒にした概要)

 成果を出すためのチャンスとの姿勢で臨んだ。結果を持ち帰り、報告した。安
倍総理、岸田外相、菅官房長官、古屋担当相が協議し、安倍総理が決断した。北
朝鮮側も決断し朝鮮中央通信やテレビで報道した。

 協議では、遺骨問題や墓参問題等も調査対象に入っているので拉致問題が置き
去りにならないように、協議で北朝鮮に特定失踪者を含む拉致被害者問題が特に
重要と伝え、他の進展があっても、これが進展しないのは受け入れられないと伝
えた。合意でも「調査は一部の調査のみを優先するのではなく、全ての分野につ
いて、同時並行的に行う」と明記した。

 北朝鮮が出してきた結果をどのように検証するかは重要な課題だが、その際は
拉致対策本部など他の政府部署とも相談してやる必要があるが、合意では検証す
る仕組み(日本側関係者の北朝鮮滞在、関係者との面談、関係場所の訪問、関連
資料の共有)を明記させた。

 日本が解除する制裁は大きなものは入っていない。万景峰号の入港は認めてい
ない。認めたのは日本から北朝鮮へ食糧や医薬品など人道物資を運ぶ船の入港だ
けで、人の往来や北朝鮮からものを持ってくる船は認めない。そのことは協議の
場で明言した。いつ制裁を解除するか、ただ北朝鮮が調査を開始したと言っただ
けではだめで、実際に権限のある委員会が作られ、実際に調査が開始されなけれ
ばならない。人道支援も調査開始の時点では行わない。行う時期は日本側が判断
する。

 宋日昊にはその場で決める権限はないとおもわれるが、テレビ等で報道機関が
発表したのはトップの了解があったものと見ている。

 今回は項目が決まったもので、調査の期間など詳細はこれから協議する。

 彼らも拉致問題を解決する最後のチャンスと感じていると思った。日本側が提
起した様々な問題を一気に解決するとの意欲が見られた。当然その中には真相究
明も含まれる。

 いま、うれしい気持ではない。ようやくスタートで、これからが難しい。


家族会などからの発言

● もの別れと報道されたのに、1日経って、急にこれから調査すると報道され、
北朝鮮も報道していることが分かった。制裁の一部解除はいいが、最初に何を出
してくるかに注目する。北朝鮮はうそばっかりついてきた。(死亡とされた)横
田めぐみ、有本恵子らが、同じ理由で死亡と回答されて出てこないまま、知られ
ていない人を出してきたら、直ちに約束は白紙にして帰ってきてほしい。

● 金正恩はOKを出したのか。弱腰外交はだめ。帰国した5人の仲間を増やし
てほしい。

● 2008年にも北朝鮮が調査委員会を立ち上げるということがあった。まだ
全面的に喜べない。今回は拉致だけでなく議題が多い。どの手順で調査するのか、
解決が進むのか不安がある。日本の地で抱きしめあって喜びたい。北朝鮮が信用
できるところにこぎつけてほしい。帰国を亡くなった母にも報告したい。

● 再調査は前進だが、調査期間はどうなっているか。「すべての日本人」とあ
るので、認定被害者が埋もれてしまう不安がある。認定被害者を出さなかったと
きに(人道支援などの約束を)拒否できるか。再制裁も考えてほしい。

● 安倍さん、古屋さんはぶれないのでだまされることはないとと思う。特定失
踪者だけ出してきても受け入れるべきだ。世の中、めぐみさんなしに解決は考え
られないのだから、国民の反発でそれで終わりにはならないと思う。北朝鮮側か
ら調査を提案してきた背景は何か。「北朝鮮側の努力を評価」とあるが、でたら
めな調査結果を出してきたことを評価するのか。北朝鮮が約束したことに「拉致」
の言葉を使っていない。拉致にどれほどの重みがあるのか。人的往来や送金、所
持金はどこまで認めるのか。

● 局長は髪に白いものが増えましたね(局長 増えました)。本当は調査しな
くても管理台帳があると思う、万景峰入港反対で何回も新潟に行ったが、万景峰
号まで認めるのかと心配したが、説明を聞いて安心した。1年はかからないとの
ことだが、1年は待てない。みんな本当は期待しており、早く会いたいと思って
いる。

● 今回の協議は滅多にないチャンスだと思うのでものにしてほしい。今日は、
批判はせず心にしまい、お任せしたい。「すべての日本人」とあるが、我々のこ
と(寺越事件)も含まれるのか。また核実験をしたら協議が止まってしまうこと
を心配している。

● 北朝鮮がどれくらい困っているかによって、彼らが出してくる回答が決まる。
総連が崩壊直前になっていることについて何とかしたいと考えているという情報
がある。厳格な法執行を簡単に解除しないで欲しい。北朝鮮が今回の調査結果で、
死亡とされた8人について同じでっち上げをしてきたら、机をひっくり返して帰っ
てきて欲しい。日本政府は北朝鮮の「死亡説明」を一切認めていないはずだから
だ。

以上

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2019/09/20
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告3
2019/09/19
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告2
2019/09/18
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告1
2019/08/29
国民大集会ご案内 9/16(月、祝日)
2019/07/25
北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告4

■過去のメールニュース■

  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■