救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

張成沢処刑後の北朝鮮と拉致問題−東京連続集会報告5(2014/02/14)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2014.02.14)

■張成沢処刑後の北朝鮮と拉致問題−東京連続集会報告5


◆少し明るい希望が持てた

寺越昭男(寺越昭二長男)

 みなさんこんばんは。石川県から来ました。金聖?さんの話を聞きながら、私
は金正日が死んで政権交代した時に、1年で解決しなかったら時間がかかるので
はと地元のマスコミに話したことを思い出しました。

 しかしなんとか、少し明るい希望が持てるような今日の話でしたのでよかった
のですが、寺越事件というのは別の問題があり、北朝鮮にいるいとこ(寺越武志)
が、(拉致ではなく救助されたと)北朝鮮の言うままに言わされています。そう
いうことを考えると、北朝鮮が崩壊して民主化した時に寺越事件が解決するので
はという思いがしています。

 私も北朝鮮のいとこも65です。あと10年も生きられればという気持ちになっ
てしまい、時間がないんです。武志が真相を話せるような環境に1日も早くなっ
てほしいなというのが今の私の思いです。

 寒い日む続きますし、ノロウィルスやインフルエンザもありますが、今後とも
ご協力をお願いいたします。ありがとうございます(拍手)。

◆安倍政権の間に解決しないと

内田美津夫(寺越昭二3男)

 みなさんこんばんは。私たちは2002年10月に家族会に参加し、それから
金正日が死なないと拉致問題は解決しないだろうと信じて運動してきました。

 金正恩に代わって、若い世代で考え方も開放的で、私たちの気持ちもよく分かっ
てくれるから解決は早いなと思っていました。田舎にいて、テレビの情報だけを
聞いていると、21世紀の時代に、大事な家族を処刑したり、追放したりして、
おかしいのではないかという心配をしています。

 テレビを毎日見ながら情報が入らないかと過ごしていました。今日の話を聞い
て、大分解決に向かうかなと思っています。

 最近よく思うんですが、私は政権を批判することもできませんが、安倍さんが
総理の時でないと拉致問題は解決しないだろう、今度安倍さんになったら解決す
るかもと思っていましたが、時間をかけなければならないのかと思います。皆さ
んもそう思っているのではないでしょうか。

 しかし、安倍政権の間に解決しないと、後はだめではないかとも思っています。
では安倍さんの政権が5年も10年も続くかというと、そうでもないでしょう。
次の大きな選挙があるまでに、安倍さんを批判する人がいたら足を引っ張ると思
うので、やはり2年とか3年と自分の腹で思っていないとだめなのかなと、この
運動もあと2年とか3年という思いでやっていかないとだめになるかなあと最近
思っています。

 そういう意味で、救う会のみなさんや私たちを応援してくれている、今日集まっ
ておられるような方々にお願いしたいことは、「今年もやりましょう」ではなく
て、「あと2年しかない」、「あと3年しかない」という気持ちで応援してもら
いたいと思いますし、またそういうことで政府の尻を叩くこともやってもらえた
らと思っています。

 これからも宜しくお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。

◆今がチャンス

横田早紀江(横田めぐみさん母)

 皆様こんばんは。本当に長い年月を、私たちの子どもたちが救出されるために、
色々な形で応援していただいています。私たちも疲れてきています。どなたも同
じだと思います。

 北朝鮮の強制収容所で生まれ、脱北した方(申東赫、シン・ドンヒョク氏)が、
3月の国連(人権理事会)で証言されます。どんな状況だったのか、世界中の人
に知っていただきたいと。本当にこんなことがという苦しみが今も続いているん
ですということを証言したいと外国人記者クラブで言っていました。

 前にも姜哲煥(カン・チョルファン)さんという強制収容所のことをよく知っ
ている方と一緒に、講演会でお話しさせていただいたことがあります。そのころ
から強制収容所のことはできる限りお話をさせていただいています。今回またそ
ういう方が来られ、一人ではなく他の被害を受けた方々と一緒に発言された方が
力になるんじゃないでしょうかと私はお話ししました。「それもそうですが、ま
ず私がお話しします」とおっしゃっていました。

 今日は金聖?さんから初めて望みのある話を聞いて本当によかったと思います。
日本だけでなく世界中の人たちがよく分かっていて、子どもたちを北朝鮮から取
り返さなければいけませんし、待っているだけではだめだと分かっているんです
し、みんながそれぞれの所で力を合わせてきているんですが、今日のお話のよう
に、あの国が何らかの形で変わっていかなければなかなか動かないとずっと思っ
ていました。

 金正日氏が亡くなった後、金正恩氏の考え方とか素質とかが違っていることに
よってずいぶんと変わってきているんだなあと、そして今がチャンスなんじゃな
いかという思いを強くしました。

 (安倍総理に)「私の代で問題を解決いたします」と言っていただいた。いよ
いよそれが成就するところまで来ているのではないのかなあという思いを持って
今日まできました。必ずその時が来るんだと私は信じてきましたが、今が日本に
とっても大切な時で、間違いのないように、だまされないように、確実な方法で、
知恵を持って解決していただきたいと願っています。

 長い間お力をお貸しいただいて、またお手伝いをしてくださる方、救う会の方
々にも本当に苦労をかけているなあという思いでいます。本当に感謝でいっぱい
です。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。ありがとうございます(拍手)。

◆八重子のすぐ上の姉が9月に死亡

本間 勝(田口八重子さん兄)

 みなさんこんばんは。拉致問題に関心を持っていただきありがとうございます。
本当にありがたいことだと思います。

 今日の集会の中で、金聖?さんが、「北朝鮮の体制は必ず崩壊する」と。金正
恩の暴君のようなやり方だと、絶対ミスが出てくると。私たちとしては、北朝鮮
が崩壊してガラガラになる前に被害者を取り戻したいのですが、それはどうすれ
ばできるのかということです。

 八重子の救出運動でも周りの環境が悪くなってきています。と言いますのは、
八重子が育った川口市の市長さんが12月の末にお亡くなりになりました。自治
体をまとめて拉致問題に取り組んで、署名にも力を入れて、また拉致被害者が出
ている自治体のフォーラムを何回も開催していただきました。本当に私たちの運
動を理解していただいて、共に戦ってくださった方がいなくなった。

 それと私の妹、八重子のすぐ上の姉で千恵子というのがいたんですが、9月8
日に亡くなりました。八重子と歳が近いせいか、よくけんかをしていたんですが、
いなくなれば本当に寂しい思いです。それも環境の悪さです。

 それと西岡先生がおっしゃっていましたが、その中で北朝鮮の体制は変わって
くるだろうと。川口の藤田進さんの弟隆司さんが、スイスのジュネーブの人権委
員会で救出を訴えてきましたが、それに対し北朝鮮は、「該当者はいない」そし
て「拉致問題は解決済み」だという報告書を国連に提出しているんです。

 ということは、北朝鮮の拉致問題に対する姿勢は変わっていないということの
表れだと思います。このことを私たちはどうとらえて、北に対して国がどう追い
つめていけるのかということを協議しています。

 みなさんの支援がなければ、この問題は解決できないわけですので、宜しくご
支援いただきたいと思います。ありがとうございました(拍手)。

◆小泉訪朝後、朝銀に導入した4000億円をなぜ止められなかったのか

増元照明(増元るみ子さん弟)

 みなさんこんばんは。ありがとうございます。今話を聞いて、家族がどう感じ
られたかのお話がありましたが、私はそう簡単ではないという思いでいます。

 ただ、今の話をきいて、なぜもっと早く北朝鮮に資金を送るのを止めなかった
のかということが非常に残念です。小泉さんの最初の訪朝の後、朝銀に対して4
000億円の公的資金を導入したんです。そのお金がどのように北朝鮮に流れた
か分からないんです。なぜもっと早く、あの9.17以降、即座に北朝鮮に対す
る送金停止、そして制裁をしなかったのかというのが非常に残念でなりません。

 そうすればもっと早く資金の枯渇があり、さらに2006年、アメリカが金融
制裁をした時に同調し、もっと早く朝鮮総連の人間の渡航につき再入国禁止にし、
そして北朝鮮に現金で持っていったんですから、それを止めることができたにも
関わらずしなかった。もっとこの時にやっておけば解決は早まっただろうと思っ
ているんです。その間に何人もの家族が倒れました。そのことを私は政府に強く
言いたいと思います。

 今安倍政権は1年経ちました。できれば私は、昨年中に追加制裁をやっていた
だきたかった。北朝鮮と交渉に入る時どういう制裁を解除するのかというカード
を増やしておいていただきたかったと思います。残念なから1年経ちましたが、
私は今年を救出運動の最後の年にしなければならないと思っています。もう2年
も3年も待っていられません。

 私の母は86です。いつ倒れるか分からない。ここに並んでいるメンバーでさ
え、いつ倒れるか分からない年齢に達しています。そのことを政府にはしっかり
と考えていただきたいと思っています。ありがとうございました(拍手)。

◆4月27日に国民大集会

西岡 家族会と救う会から、自由北朝鮮放送に支援金を準備していますので、皆
様の前で伝達をさせていただきたいと思います。

飯塚 被害者が少しでも放送を聞いて安心できればということを期待しています。
これからもご尽力をお願いいたします。今日は支援の金一封をお持ちしましたの
でぜひお受けください(手渡す、拍手)。

金聖● 私も毎日放送をしながら、被害者の方々がこの放送を聞いてくれればい
いなあと、また北朝鮮の住民から何か情報がくればいいなあと思って放送してい
ます。実は西岡先生は、危険があるかもしれませんが、個人の電話番号まで放送
しています。●=王へんに文

 また今回、家族の方々が歳をとられたということも実感しました。家族会の方
々も、今年こそ解決しなければならないとおっしゃっていました。2014年に
いい結果が出るように、私も努力したいと思います(拍手)。

西岡 4月27日、日曜日に日比谷公会堂で国民大集会を行いますので是非ご参
加ください。今年こそ結果を出すように頑張りたいと思います。ありがとうござ
いました(拍手)。

以上




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2019/09/20
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告3
2019/09/19
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告2
2019/09/18
全拉致被害者の即時一括帰国を実現せよ!国民大集会報告1
2019/08/29
国民大集会ご案内 9/16(月、祝日)
2019/07/25
北朝鮮の内部情勢と拉致の最新情勢−東京連続集会報告4

■過去のメールニュース■

  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■