救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

北朝鮮が厚顔無恥な報道(2006/04/10)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2006.04.10-3)

■北朝鮮が厚顔無恥な報道

 北朝鮮の「朝鮮中央通信」は4月4日、自国の犯罪をもカードに使って次のよ
うな論評を発表しています。「拉致問題は解決済み」などとうそぶき、事実を捏
造しており、このような不誠実な対応には怒りを感ぜずにはおれません。また、
よく読めば、彼らが批判している日本は実は北朝鮮の現状そのものです。家族会
・救う会が直ちに北朝鮮に制裁を発動するように求めているのは、圧力をかけな
い限り、以下のように不誠実な対応をとり続けると考えているからです。在京の
朝鮮中央通信社の論評の全文は以下の通り。

■「拉致」騒動は自民党選挙のための欺まん策
 日本の極右保守勢力がすでに解決済みの「拉致問題」を引き続き持ち出し、米
国の反共和国策動に積極的に追従している。

 彼らは、自民党が承認した「北朝鮮人権法案」を国会に提出するだの、パンフ
レットを改訂して米国に送るだのと騒ぎ立てている。

 さらには、当局を通じて高等学校の教科書に日本人「拉致」を過去形ではなく、
現在形にねつ造して記述した検定結果まで発表した。

 これと同時に、共和国の海外同胞組織である在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)
の弾圧、迫害に国家権力をためらうことなく動員している。

 諸般の事実は、米国を後ろ盾にしている日本の極右保守勢力の反共和国ヒステ
リーが頂点に達しており、彼らが「拉致問題」をわれわれに対する排外主義的感
情と国粋主義の鼓吹に悪用していることを示している。

 これに、海上「自衛隊」がこのほど、わが共和国に反対する核戦争演習を参観
し、米軍の作戦理念を学んだ事実まで加えれば、問題の重大さがいっそう浮き彫
りになる。

 問題は、最近、日本の極右保守勢力が反共和国ヒステリーの度をいっそう強め
ている背景である。

 結論から言えば、そこには「拉致問題」の解決と何の関りもない汚わらしくて
醜悪な政治的謀略が潜んでいる。

 彼らの「拉致」騒動は、地域諸国から日増しに孤立し、排撃されている窮地か
ら脱しようとするたわいない妄動であり、自民党総裁選挙を控えて政治的人気を
獲得しようとする欺まん策の延長に過ぎない。

 かつて、イラクで自国民を救出したことを大げさにけん伝し、その茶番劇の裏
で数人足らずの彼らに金を払えと要求する幼稚な行為もためらわなかったのがま
さに、欺まんと謀略のベテランである日本の当局者、極右保守勢力である。

 このような連中がいくら「拉致問題」を取り上げて「人道主義の化身」を自称
しても、それは政治小者特有の汚わらしい「劇場政治」、三文劇に過ぎない。

 同時にそれは、固執はしていても無分別であり、空元気はあっても定見のない
連中が政界を牛耳る現代日本の残虐な悲劇である。

 こんにち、堕落し切った日本政治の保守化、右翼化は日本と隣国間の関係を最
悪のどん底に追い込み、これにより日本政界の「元老」と言論界でも、このよう
な無知な連中に政治を委ねることはできないという声が日増しに高まっている。

 日本の極右勢力が内外の危機からの活路を軍国化と戦争雰囲気づくりに求め、
「拉致問題」をそれに悪用しているのは日本の未来に極めて有害なことである。

 現実を直視できる日本人であれば当然、表では国民のために行動しているよう
に振る舞い、実際は国民を害して自分らの政治的利益だけをむさぼろうとする連
中の無謀なヒステリーに巻き込まれてはならない。
以上


 ※小泉首相宛、はがき・メールを!(〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内
閣総理大臣 小泉純一郎殿、首相官邸のホームページ=
http://www.kantei.go.jp/の右下の「ご意見募集」欄を利用)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

救う会全国協議会ニュース
発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/06/28
「拉致問題に関する国連シンポ」における横田代表の発言
2024/06/05
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて3
2024/06/03
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて2
2024/05/31
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて
2024/05/30
東京連続集会西岡発言訂正

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■