救う会全国協議会

〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
TEL:03-3946-5780 FAX:03-3946-5784 info@sukuukai.jp

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会

拉致議連が総会で訪米報告(2012/05/24)
★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2012.05.24-2)

 本日、5月24日、北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動す
る議員連盟(平沼赳夫会長)は総会を開催し、平沼会長を初め、家族会・救う会
とともに訪米した古屋圭司幹事長、山谷えり子副会長、塚田一郎幹事らが報告を
行った。

 家族会の飯塚繁雄代表が、訪米の成果を政府にフォローしてほしいと述べたこ
とに対し、拉致問題対策本部から、「フォローアップは訪米を含め検討している」
との報告がなされた。

 救う会の西岡会長から、米国人デヴィド・スネドン氏の拉致疑惑につき、中国
・北朝鮮の反応等について報告がなされた。

 また、9月2日(日)の国民大集会の頃、多数の拉致議連所属議員により特別
総会を行うことを決めた。

西岡会長の発言は以下の通り。

■拉致議連が総会で訪米報告

西岡 2004年4月に失踪したスネドン氏の失踪、拉致疑惑につき、アメリカ
で報告したが、中国、北朝鮮が直ちに反応した。

 中国は5月8日に、外務省の副局長が、質問を受ける形で、「その事件につい
ては知っている」と述べた。まだワシントンに行っていた時にすぐに反応があっ
た。普通なら雲南省で起こった失踪事件など知るはずがなく、「調べる」等と回
答するだろうが、今回は、想定問答ができていたのだろう。

 北朝鮮は、5月15日の「朝鮮中央通信」で、「今回の事件は一言でいって、
危機に直面した日本の非常脱出劇だと言わざるを得ない」等と我々の訪米を口汚
く非難した。

 我々は、家族の苦しみは同じだから情報提供しただけで、政治に悪用したわけ
でも何でもない。向こうが緊張したのは、無視されていないということだ。何ら
かの情報が中国や北朝鮮にあると思われる。

 北朝鮮の拉致は4段階あり、朝鮮戦争中の韓国人拉致、戦後の漁船員拉致があ
り、第3段階で金正日が工作員の「現地化教育」を命令し、世界12か国から拉
致した。その後1995年からは脱北者とそれを救出するNGOを保衛部が拉致
している。スネドンさん拉致は、第4段階の保衛部による拉致と思われる。

以上






★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■野田首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 野田佳彦殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784 http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  
■ サイト内検索 ■


■ メールニュース ■
2024/06/28
「拉致問題に関する国連シンポ」における横田代表の発言
2024/06/05
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて3
2024/06/03
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて2
2024/05/31
東京連続集会128訪米報告と北朝鮮の動きについて
2024/05/30
東京連続集会西岡発言訂正

■過去のメールニュース■

  ■ 2024年
  ■ 2023年
  ■ 2022年
  ■ 2021年
  ■ 2020年
  ■ 2019年
  ■ 2018年
  ■ 2017年
  ■ 2016年
  ■ 2015年
  ■ 2014年
  ■ 2013年
  ■ 2012年
  ■ 2011年
  ■ 2010年
  ■ 2009年
  ■ 2008年
  ■ 2007年
  ■ 2006年
  ■ 2005年
  ■ 2004年
  ■ 2003年
  ■ 2002年
  ■ 2001年
  ■ 2000年
  ■ 1999年
■あなたにも出来る救出運動■
あなたにもできること

 ■ 映画「めぐみ」 ■ 

映画「めぐみ」

■ 書 籍 ■